旅行

【伊豆半島】ユウスゲ公園の見どころ・所要時間・アクセス・駐車場情報【絶景】

こんにちは、働くニートおにぎりパンです。

 

6月の伊豆半島旅行で、「ユウスゲ公園」という美しい展望テラスに行ってました。

本記事では、「ユウスゲ公園」について紹介します。

本記事は以下のような人に向けて書いてます。

静岡県の観光地を知りたい

伊豆半島の観光地を知りたい

堂ヶ島へのアクセス・駐車場情報が知りたい

堂ヶ島の所要時間や回り方を知りたい

 

それで行ってみよう!!

ユウスゲ公園とは

「ユウスゲ公園」は静岡県賀茂郡南伊豆町にある、海岸線上の丘です。

伊豆半島は奥石廊の海岸は海底火山の噴出物が堆積して形成している地形上、美しい縞模様をもつ地層がみられる一方で、荒々しい岩肌が露出した険しい地形となっています。

この特殊な地形は国指定名勝「伊豆西南海岸」にも指定されています。

「ユウスゲ公園」は、この険しい奥石廊の海岸の南端に位置するなだらかな丘です。

「ユウスゲ公園」からは奥石廊の海岸線を一望できるほか、この公園の名前にも入っている、全国的に見ても非常に希少な植物「ユウスゲ」の群生地となっています。

 

ユウスゲ公園の見どころは?

奥石廊を一望できる大自然のパノラマ!

ユウスゲ公園の見どころの一つは雄大な奥石廊崎を一望できる展望台です。

この展望台から眺める景色は本当に美しいです。

▲ユウスゲ公園展望台から眺める駿河湾。心が洗われます。

また、海岸だけでなく丘自体も非常に美しいのが特徴です。

▲ユウスゲ公園の丘。天気も回復して、非常に気持ちのいい光景です。

この美しい丘の中に敷かれた遊歩道も非常に写真映えする美しさをしています。


▲展望台へ続く遊歩道。

▲展望台の様子。カメラスタンドとベルが設置されてます。

▲海側だけでなく山側も非常に絵になります。本当に自然を体感できるいい場所です。

公園の名前にもなっている一夜花「ユウスゲ」


(「軽井沢草花館 ゆうすげ日記」 より)

ユウスゲ公園のもう一つの見どころは、黄色い美しい花「ユウスゲ」です。

ユウスゲは7~8月の夕方に黄色い花を咲かせ、翌日午前中にはしぼんでしまう一夜花です。

一夜しか咲かないなんて不思議な花ですね。

私が訪れたのは6月上旬ということで、あいにくユウスゲを見ることは叶わなかったのですが、このユウスゲの自生地は全国的に見ても減少傾向にあるらしく、シカの食害などにさらされていないユウスゲ群落は非常に貴重なんだとか。

大体夕方5時~6時頃にすべての花が開花してユウスゲが咲き誇る美しい丘になるそうです。

今度訪れる際には狙ってみたいですね。

 

ユウスゲ公園の所要時間は?

私の場合は滞在時間15分程度でした。

ユウスゲ公園自体がとてもコンパクトな場所なので、10分ほどで遊歩道を歩き終えてしまうと思います。

あとは、ユウスゲの開花状況や海風を感じながらの時間を有意義に過ごす場合などは+αの時間を考慮すればよいでしょう。

重ねて書きますが、歩いて回るだけなら15分ほどで回れます

 

アクセス・駐車場

アクセス

公共交通

伊豆急下田駅よりバス約60分「愛逢岬(あいあいみさき)」バス停下車、徒歩約5分

新東名高速道路「長泉IC or 沼津IC」→東駿河湾環状道路「函南IC or 塚本IC」→伊豆中央道「月ヶ瀬IC」→国道136号→ユウスゲ公園

駐車場

公園入口に3,4台分の無料駐車場があります。

また、100 m ほど西へ行った「あいあい岬」にはさらに駐車場があり、そのほかにも売店とトイレがあります。

 

基本情報

住所:静岡県賀茂郡南伊豆町

定休日:年中無休

営業時間:24時間営業

料金:無料

アクセス:アクセス項参照

駐車場:無料駐車場有

所要時間:15分

おすすめの季節:ユウスゲが咲く7月~8月

 

まとめ

静岡県賀茂郡南伊豆町にある「ユウスゲ公園」についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

私は残念ながらユウスゲを見ることはできませんでしたが、それでも天気に恵まれてこともあり、非常に美しい岬に大満足できる場所でした。

そんなに時間もかからずに本当に美しいものを見られるので、伊豆半島を回ることがあればぜひ立ち寄ってみてください。

 

ではでは~ノシ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ