旅行

【栃木県】与一祭り行ってきたよ【大田原市】

こんにちは、働くニートおにぎりパンです。

 

先日、栃木県大田原市で開催された「与一祭り」というお祭りに行ってきたので、そのことについてレポートしたいと思います。

 

それでは行ってみよう!!

 

与一祭りとは?

栃木県大田原市で毎年8月の第一金曜・土曜で開催されるお祭りです。

源平合戦の中で平家の扇の的を射抜いた弓の名手「那須与一」をたたえるお祭りとして、地元の方々から愛されているお祭りです。

お祭り中は大通りを大規模に交通規制し、歩行者天国となり、道の両脇は多くの出店が立ち並び非常ににぎやかな様相となります。

お祭りの間には那須与一にちなんだ様々なイベントが催され、その中でも甲冑を身にまとった那須与一公を先頭にして、たくさんの女官や武者が歩行者天国を練り歩く「与一武者行列」や歩行者天国を踊りながら大行進する「与一踊り」などがとくに有名です。

 

与一祭りの見どころは?

ここでは与一祭りの見どころをまとめます。

大規模な「歩行者天国」と「出店」

なんといっても最初に驚くのは大通りを大規模に交通規制を敷いて、開かれる歩行者天国でしょう。

また歩行者天国の規模に見劣りしないだけの数の出店が道の両脇に出店しているので、純粋なお祭りとして楽しむことが出来ます

 

現代の大名行列!?「与一武者行列」

与一祭りの一大イベント「与一武者行列」です。

那須与一公を先頭に女官や武者が行列を作り町中を練り歩きます。

鎧や武者姿の人を見る機会はなかなかあるものではないので、一見の価値ありです。

また、1180年に那須与一に実際に献上されたとされ、軽快なリズムの「福原餅つき唄」が披露される出陣式も見ものです。

餅つき唄、与一武者行列はともにお祭りの2日間の両日ともに開催されます。

詳しい開催時刻についてはその年のプログラムをご参照ください。

プログラムは大田原市観光協会のHPからご覧いただけます。

栃木県の阿波踊り!?「与一踊り」

あたりが暗くなってくると始まるのが「与一踊り」です。

歩行者天国の端から端までをゆったりとした音頭にのせて、ゆったりと踊りながら進行します。

与一踊りの踊り手は地元企業の従業員や少年野球チームなどで構成されており、団体ごとのやる気の違いが目に見えるのでとても面白いです。

なんでも、この与一踊りは地元小学校の授業で習うらしく、大田原市で育った人ならだれでも踊れるんだとか。。。

また、少し見ただけでマネできてしまう簡単で単純な振り付けの踊りなので、楽しく踊りを見ていたら自分もすぐ踊れるようになります。

ですから、盆踊りのような楽しさを満喫することが出来ます

与一踊りはお祭りの2日間の両日ともに開催されます。

詳しい開催時刻についてはその年のプログラムをご参照ください。

プログラムは大田原市観光協会のHPからご覧いただけます。

 

アクセス・駐車場

ここでは与一祭りへのアクセス方法と駐車場の情報を紹介します。

公共交通でのアクセスは少し複雑なので、車でのご利用をお勧めします

アクセス

公共交通

・JR宇都宮線「西那須野駅」から関東自動車で約10分「住吉2丁目」下車徒歩約10分

・JR宇都宮線「西那須野駅」から大田原市営バス市内循環線で約30分「ヨークタウン前」下車徒歩約10分

・JR宇都宮線「那須塩原駅」から大田原市営バス那須塩原駅線(国際医療福祉大学、道の駅行き)約15分「ヨークタウン前」下車徒歩約10分

・東北自動車道矢板ICから約30分

・西那須野塩原ICから約20分

駐車場

与一祭りの間は周辺に無料臨時駐車場が設けられます

総収容台数は約700台程度です。

ですから、車でお越しの際に、「駐車場がない!!」ということはおそらくないと思います。

詳しい情報は大田原市観光協会のHPからご確認ただけます。

ちなみに、私のおすすめ駐車場は会場からの距離も近く、収容台数も多い「大田原小学校校庭」の臨時駐車場です。

開催期間

開催期間は毎年8月の第一金曜・土曜の二日間です。

時間は両日とも15時~21時半です。

 

まとめ

8月頭に栃木県大田原市で開催される「与一祭り」についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

前回記事に書いた「山あげ祭」とは違い、全員が参加できる盆踊りのようなお祭なので、万人が楽しめると思います。

ぜひとも行ってみてください。

 

ではでは~ノシ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ