雑談

くまモン発音戦争

こんにちは、おにぎりパンです。

今日は電子水じゃないよ!!

 

唐突ですが、皆さん、ゆるキャラって好きですか?

私はたいして関心がないんですが、それでもいくつかのキャラクターは知ってます。

今日はそんなゆるキャラにまつわる話。

皆さん知ってるかな?

ゆるキャラ弱者には少しつらい話題かもしれないなぁ(棒)

なんていいながら話題にするのは

超有名キャラクター「くまモン」です。

ゆるキャラに興味のない私でも知ってる、ゆるキャラ会の大物。

番長清原的な存在感を漂わせている黒いアイツです。

もうすぐ平成も終わってしまいますが、あの黒い番長は今上天皇皇后両陛下と会ってたりするんですよね。

マジパネェっス!!

このゆるキャラ界の首領(ドン)、くまモンですが、放送局によって発音が違うことをご存知でしょうか?

ここまで読んで「???」って人は、ぜひこの記事を読んでいってください。

「知っとるわハゲ!!そんなくだらんことを記事にするんじゃない!!」って人はブラウザバックかタブを閉じましょう。

それじゃあ行ってみよう!!

 

くまモンとは?

「くまモン」は熊本県のご当地PRキャラクターです。

2010年に爆誕して、翌年2011年の第2回ゆるキャラグランプリでは愛媛県今治市の「バリィさん」を抑えグランプリを獲得しています。

熊本県が商標権を持っているにもかかわらず、申請すれば使用料はかからないので今では全国いたるところ居やがります。

もはやフリー素材なのかと勘違いするくらいにいます。

まさに王者の風格

 

くまモンの発音2種類

このくまモンですが、現在では放送局によって発音が違うことをご存じでしょうか?(もう統一されたんですかね?)

現在、くまモンの発音は2種類が使われています。

 

頭高(あたまだか)型アクセント

1つは「まモン」の最初の「」にアクセントを置いた、「頭高(あたまだか)型アクセント」です。

これは「金魚(きんぎょ)」や「真実(しんじつ)」なんかと同じアクセントですね。

皆さん口に出して言ってみてください。

「金魚、真実、くまモン」

同じ発音ですよ~。

若い女性になんかは刺さらないかもしれませんが、ウルトラQに出てくる怪獣「ピグモン」も同様の発音ですね。

全国的にはこちらの発音のほうが一般的だと思います。

 

平板(ひらいた)型アクセント

もう1つは「平板(ひらいた)型アクセント」です。

発音の例を挙げると「砂浜(すなはま)」や「筆箱(ふでばこ)」、「マラソン」と同じ発音です。

こちらも口に出して言ってみましょう。

「砂浜、マラソン、くまモン」

発音に意識を向けてくださいね~。

 

皆さんはどちらで発音していますか?

私は頭高型アクセントで発音してます。

どうしてこうなった・・・?血で血を洗うくまモン発音戦争

ではどうして放送局によって、くまモンの発音が違うのか?

それを知るには「くまモン」の来歴と名前の由来、そして熊本弁の特性を知る必要があります。

 

くまモンの来歴~はじめは頭高型だった~

上にも書きましたが、くまモンは2010年に生まれた熊本県のPRキャラクター、いわゆるご当地ゆるキャラというやつです。

そして、翌年2011年のゆるキャラグランプリで見事優勝を果たし、その知名度を全国に広げました。

この時にくまモンは、頭高型の発音で全国に紹介されています。

そのため、全国的には頭高型アクセントで聴きなじみがあるという方が多いと思います。

 

平板型アクセントの台頭

しかし、この頭高型アクセントに異議を唱える人たちが台頭してきます。

彼らはどこから湧いて出てきたのか?

その勢力はくまモンの地元熊本県に住む人たちだったのです。

彼らは全国放送で紹介されたくまモンの発音(頭高型)がおかしいとテレビ局に訴えました。

彼らの主張は以下の通りです。

くまモンは平板型で発音されるべきである。
くまモンの名前は熊本県の “熊” と「者」を意味する熊本の方言 “モン” を合わせたことが由来となっている。
つまり、くまモンの名前は “熊本の者(くまもとのモン)” を縮めたものだ。
となるとその発音は「よそ者(よそもん)」と同じ平板型にならなければおかしい。

なるほど・・・言葉の成り立ち的に「くまモン」は頭高型ではなく平板型で発音されるべきだったんだ!!

さらに言うと、熊本県で使われる熊本弁は全体的に抑揚が少なく、平板型になりやすい傾向があるとされていることもあり、地元の人には平板型アクセントのくまモンがしっくり来たわけです。

特に方言が色濃く残るご年配の方々は断固として平板型アクセントを主張しました。

このことは、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで全国に広まっていこうとしている、熊本県のキャラクター問題だったため、同県内では注目度も高く非常に大きな問題となり、地元新聞社にはくまモンの発音に関する投書が相次いだそうです。

 

放送局間の対立

くまモンの正しい発音に関して意見が割れる。

するとどうなるでしょう。

これに困るのは文字で戦う新聞や雑誌ではありません。

彼らは文字を書いて、発音の選択は読者に投げることができますから。

クレームの対象となるのは音声、つまりは発音も配信するテレビやラジオの放送業界です。

実は放送局での言葉の発音の管理というのは全国統一されたものではなく、原則各放送局の裁量で決められているんです。(とは言っても、全国的に多くの局がNHKの放送文化研究所を基準にしていることも事実です。)

ということで、まずは地元熊本県の各放送局は「自分たちの局のアナウンサーがまちまちの発音をしてはまずい」ということで、各局内でくまモンの発音の統一を図りました。

その結果、、、文字通り勢力が真っ二つに割れることとなったんです。

ちなみに、各勢力は以下の通りです。

頭高型アクセント:KTT熊本県民テレビ(日テレ系列)、KAB熊本朝日放送(テレ朝系列)
主張:全国的に頭高型で広まっている以上、その知名度を捨てるべきではない

 

平板型アクセント:RKK熊本放送(TBS系列)、TKUテレビ熊本(フジ系列)
主張:熊本らしさを残し踏襲すべきである

見事に2対2に割れてしまったわけです。

 

実はこの意見の対立には時代的な背景も関与していると考えられています。(私が勝手にこの説を採用しているだけです)

平板型アクセントで熊本らしさを主張した2局、RKKとTKUは熊本県内の放送局でも古株で、長らくこの2局が熊本県の放送を支えてきた歴史があるのです。

「我々は熊本県と共に歩んできた」という老舗放送局のプライドか、ただ単純に構成社員の平均年齢が高いのか・・・真偽は不明です。

一方で頭高型アクセントを主張した2局は比較的新しい局で、言ってしまえば新参者なわけです。

気付かぬうちに、熊本県内の伝統 vs 全国を見据えた戦略の構図がここに生まれていたのです!!

熊本のアナウンサーによる血で血を洗う勢力争いがここに発生しました!!

これらの放送局が各放送局の裁量でくまモンの発音を決めた結果、どのようなことが起こったのか。

その結果、熊本県内のテレビ放送では放送局によって、頭高型と平板型の2種類の発音のくまモンが混在するカオスな状況が生まれてしまったのです。(現在、どうなっているのか確認できませんでしたが、解消したという記述もないので、まだカオス状態が続いているものと思われます。)

その様相はさながらVHS・ベータ戦争やDVD・ブルーレイ戦争のようです。

 

第3者への問いかけ①:水野学

これまで、くまモンの発音が頭高型なのか平板型なのかを巡り、熊本県内のアナウンサーたちが醜い争いを繰り広げてきました。

しかしながら、頭高型アクセントと平板型アクセント、両者の主張は相いれることなく平行線をたどります。

このままだと両者共倒れだ。それだけはあってはならない。。。

そんな意見が出たんでしょうか。

そこで熊本の放送局は第3者を頼るわけです。

最初に白羽の矢が立ったのは、くまモンというキャラクターの生みの親である水野学さんというデザイナーの男性でした。

くまモンの正しい発音がどちらかという大きな問題は水野さんという一人の男性の意見にゆだねられることとなったのです。

水野「私は頭高型アクセントのつもりでくまモンを生み出しました

生みの親からの証言です。

これに勝る証言はありはしない!!

頭高型派の2局は相当なドヤ顔をしていたに違いありません。

これにてこの醜い争いも決着かと思われたその時、平板型派から声が上がります。

水野さんはぁ、東京の方ですよね?くまモンはぁ、もはや熊本県民全員のものとなっているわけでしてぇ~。生みの親とは言えどもぉ、東京の方にぃ、我々のくまモンのことを決めてほしくないですねぇ」(本当にこんな言い方をしたかは知りません)

あろうことか生みの親の意見を封殺したのです!!

意地でも負けを認めたくない老舗放送局!

実に大人げない!!

 

第3者への問いかけ②:くまモン

生みの親の証言は老舗2局によって完全に封殺されてしまいました。

そうなると次にスポットをあてられたのは、くまモン本人でした。

「本人?」っと思った方、実はこの時すでにくまモンはTwitter公式アカウントを開設していたのでした!(今はアカウントが新しくなっています)

そこにくまモンの発音を尋ねた結果、くまモンは以下のツイートをしました。

熊本弁らしく抑揚なしで平べったくがいいかモン^ ^;

この回答には平板型派2局もにっこりです。

しかし、ここで簡単に譲る頭高型派の2局ではありません!

くまモン本人ってなんだよ!!中のやつは誰だ!?県の職員か!?バイトか!?中のやつは今すぐ出て来いや!!

と高田延彦張りに叫んだことでしょう。

 

ついに動いた熊本県

結局第3者の意見を取り入れても事態は収拾することはありませんでした。

ここで事態の泥沼化を重く見た熊本県がついに動き出します。

熊本県くまもとブランド推進委員会がついに表明を発表しました。

県民の皆さんが呼びやすい方で呼んで下さい

何も解決できない見事なまでのお役所仕事!!

事態は全く改善することはありませんでした。

 

国営放送NHKの参戦

熊本県でも解決できないこの問題に、とうとうアナウンサー800人態勢を敷く放送業界の総本山が動きだします。

そう国営放送NHKの熊本支部、NHK熊本放送が動いたのです。

これに歓喜したのは平板型派の老舗放送局2局でした。

彼らには、日本の伝統文化を重んじるNHKなら熊本弁というバックグランドを持った平板型派についてくれる確信があったのでした。

注目はNHK熊本放送の決定に集まります。

それもそうです。

NHK熊本放送の決断一つで現状の2対2の均衡状態が崩れるのです。

それに、NHK熊本放送はそこいら民放局とは影響力が違います。

なにせ国営放送です。

バックには日本国がついているわけです。

そんなNHK熊本放送がついに決定を下しました。

NHK「頭高型で行きましょう

膝から崩れ落ちる平板型派の老舗2局。

「この戦争もこれで決着か?」「頭高型派の勝利で終わりか?」と思われたのもつかの間。

平板型派はまだあきらめていなかったのです。

 

ロビー活動により発音問題は全国へ

これで決着かと思われたくまモン発音問題ですが、やはり納得のいかない平板型派の2局は系列局へのロビー活動を始めます

TBS系列のRKK熊本放送はアナウンス部長の「本田史郎」が直々にTBS系列アナウンサーに対して依頼状を送ったそうです。

RKK報道制作局報道部長本多史郎 くまモン、アクセントについてのお願い

この活動によって、くまモン発音問題は熊本県内から全国へとその火を広げていったのです。

そのため、テレビでくまモンが出るときは、熊本県内では老舗2局が平板型アクセントを採用しており、新興2局は頭高型イントネーションでくまモンと呼びます。

それに加えて、フジテレビはどういったスタンスかはわからないですが、少なくともTBSはアナウンサー全員に平板型でくまモンと読むように通達が敷かれ、実際にそうなっているわけです。

 

その後

その後、2014年6月18日にくまモン自身がTwitterで再びアクセントについて呟きました。


見事なまでのお役所仕事にして日和見主義。

しかし、これでいいのかもしれません。

これにて、くまモン発音騒動は「よそはよそ、うちはうち」理論で一旦の休戦となり、現在に至るのです。

 

安住紳一郎の日曜天国 2013年9月15日放送回(ラジオクラウドから聞けます)
くまモンを巡るアクセント騒動

 

まとめ

今回、日本国民ならだれでも知っているであろう、くまモンに関する騒動を取り上げてみました。

いかがだったでしょうか?

この内容をそのまま信じる人はいないと思いますが、一応言っておきます。

本記事は事実を基にしていますが、多量に拡大解釈や誇張表現を含んでいます。

フィクションとして楽しんでください。

 

参考にしたサイトにも書いてあるんですが、実はこの内容はほとんど「安住紳一郎の日曜天国」というラジオで、TBSの安住紳一郎アナウンサーが語った内容となっています。

面白かったと感じた方はぜひ元の音声で聞いてみてください。

そして、日曜天国のリスナーになりましょう!!

聴き方はTBSラジオクラウド内の安住紳一郎の日曜天国のページから聞けます。

2013年9月13日の放送回です。

スマホで聴きたい方は「ラジオクラウド」のアプリからどうぞ。

 

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ