中部

忍野八海の所要時間・料金・アクセス・駐車場情報

こんにちは、働くニートおにぎりパンです。

 

今回は山梨県南都留郡にある湧泉郡、「忍野八海」について紹介します。

本記事は以下の人に向けて書いてます。

山梨県の観光地を知りたい

山梨県の富士山撮影スポットを知りたい

忍野八海へのアクセス・駐車場情報が知りたい

忍野八海の所要時間や回り方を知りたい

 

それでは行ってみよう!!

 

忍野八海とは?

忍野八海は、山梨県南都留郡にある湧泉郡です。

富士山の雪解け水が20年の歳月を経て地中でろ過され、忍野村で湧水となり8か所の泉をつくるため「忍野八海」と呼ばれています。

もとは「忍野湖」という湖があった場所が干上がり盆地を形成し、富士山や近くの火山山麓の伏流水由来の湧き水が8つの池として残ったものが忍野八海です。

国指定の天然記念物、名水百選にも選ばれており、2013年には富士山の世界遺産登録と同時に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されました。

 

忍野八海の見どころは?

20年かけて自然にろ過された美しい湧水巡り

忍野八海の目玉はなんといっても自然に形成された8つの池をめぐる「八海巡り」です。

それぞれの池には1~8番までの番号がふられています。

1番霊場「出口池」


忍野村観光情報HP より

1番目からいきなり”出口”ですが、忍野八海1番目の池は「出口池」です。

写真は忍野村観光情報HPより拝借しています。

なぜなら、私、この池の存在に気付かずに帰っちゃったからね!!

そうです。

この池だけ、少し離れたところにあるんです。

ほかの7つの池は一か所に集まっているのに、出口池だけは徒歩10分ほどのところにあります。

忍野八海で一番大きな池らしいのですが、少し離れたところにあるため訪れる人は少ないようです。

2番霊場「御釜池」

忍野八海2番目の池は「御釜池」です。

忍野八海で一番小さい池だそうです。

すごく地味です。

場所もすごく地味なところにあります。

▲地味ながら、頑張ってアピールしているのかもしれませんね。。。

3番霊場「底抜(なし)池」


忍野村観光情報HP より

忍野八海3番目の池は「底抜池(そこなしいけ)」です。

この字で「そこなしいけ」と読みます。

写真は忍野村観光情報HPより拝借しています。

なぜなら、私、この池にも行ってないからね!!

この池は忍野八海唯一の私有地の中にある池で、「榛の木林(はんのき)資料館」という施設に入らないと見れない池となっています。

▲「榛の木林資料館」は一人300円で入れます。営業時間は9:00~17:00です。

私が行ったタイミングでは資料館が開いておらず、底抜池にも行くことが出来ませんでした。

▲私が資料館を訪れたのは朝7時前。開いてるわけねぇな。

4番霊場「銚子(ちょうし)池」

忍野八海4番目の池は「銚子池」です。

資料館の敷地のすぐ隣にある池で、変な脇道に入っていくとあります

私は一回脇道スルーしてしまい、見つからず混乱してしまいました。

水底がゆらゆら揺れることから、水が湧き出ていることが確認できます。

この池も悪く言うと地味です。

よく言うと趣がある池といえるのではないでしょうか?

5番霊場「湧池」

忍野八海5番目の池は「湧池」です。

忍野八海で一番有名な池がこの池だと思います。

忍野八海で一番の水量を誇り、近隣住民も飲料水として飲んでいるとか飲んでいないとか。。。

周囲にはお土産屋さんや食事処も立ち並んでおり、ここだけ立ち寄って帰っていく人もいるそうです。

私が行ったときにはやぶ蚊がすごくたくさんいました。

また、この池が忍野八海で一番有名と書きましたが、湧池の道路を挟んだ向かい側にある「中池」という人工池のほうが綺麗でにぎわっています

▲中池。非常に美しい写真が撮れる。人工池でありながら、どの池よりもにぎわっている。また、人工池なので忍野八海には数えられていない。

6番霊場「濁池」

忍野八海6番目の池は「濁池」です。

濁池という名前ですが、透き通った綺麗な水です。

これは今ではほんの少ししか水が湧いてなく、井戸水が流入しているためだそうです。

7番霊場「鏡池」

忍野八海7番目の池は「鏡池」です。

その名の通り、水面には逆さ富士が映ります。

それだけです。

地味です。

8番霊場「菖蒲池」

忍野八海8番目の池は「菖蒲池」です。

池の周囲に菖蒲が生い茂っているためこの名前がついているそうです。

私が訪れたタイミングでは残念ながら菖蒲は咲いてませんでした。

心落ち着く田舎の街並み

忍野八海を巡ると昔ながらの家も多く、「田舎に来たなぁ」という、少しノスタルジックな気持ちになります。

都会からいらっしゃる方は歩き回るだけでも楽しいかもしれませんね。


▲萱葺屋根の蔵。都会ではまず見られない建物ですね。

 

▲水車と富士山。田舎らしさ満点ですね。

とはいえ、昔よりも観光地化が進み、景色や池の水質が悪くなっているというのが問題になっているそうです。

忍野地区から見える美しい富士山、通称「忍野富士」

忍野八海は富士山周辺の観光地なので、当然富士山も見ることが出来ます。

忍野地区から見た富士山のことを「忍野富士」と呼ぶそうですよ。

▲忍野富士。緑豊かですね。

どうやって周ったらいい?所要時間は?


忍野村観光情報HP より

周り方

忍野八海は狭い範囲に集まっているので、適当に周っても1時間程度で周れると思います。

また、少し離れている出口池や比較的地味な池が多いことから、湧池だけ周辺だけ歩いておけば問題ないかもしれません。

出口池を除く池を周っても1時間なので全部周ってもよし、湧池周辺だけ周り次の場所に行くもよし、です。

所要時間

前述の通り、出口池を含めてすべての池を周るなら1時間半程度かかると思います。

出口池を除いた池を周るなら1時間程度で周ることが出来るでしょう。

また、湧池周辺だけの散策なら15分もあれば十分ではないでしょうか?

 

営業時間

街中の池なので年中無休24時間営業です。

ただし、「底抜池」のある「榛の木林資料館」だけは9:00~17:00で営業しています。

 

入館料

前述の通り、街中の池なので基本無料です。

ただし、「榛の木林資料館」は有料です。

榛の木林資料館
大人:300円(15人以上の場合は250円)
小学生:150円

 

アクセス・駐車場

アクセス

公共交通

電車

新宿駅からJR中央線に乗車し、大月駅下車(所要時間約90分)
大月駅から富士急行大月線に乗車し、富士山駅下車(所要時間約50分)
富士山駅から「路線バス[内野行き]」または「ふじっ湖号」に乗車し、「忍野八海」バス停下車(所要時間約25分)

高速バス

新宿駅から「中央高速バス[富士五湖方面行き]」に乗車し、「忍野八海」バス停下車(所要時間約140分)

東名高速道路経由の場合

東京から東名高速道路にて御殿場I.C.(所要時間約90分)
御殿場I.C.から国道138号線経由で忍野村(所要時間約45分)

中央自動車道経由の場合

東京から中央自動車道にて河口湖I.C.(所要時間約100分)
河口湖I.C.から忍野村(所要時間約20分)

駐車場

周辺に個人でやっている有料駐車場がたくさんあるのでそこをご利用ください。

基本情報

住所:山梨県南都留郡忍野村忍草

定休日:不定休(榛の木林資料館)

営業時間:9:00~17:00(榛の木林資料館)

入園料(榛の木林資料館)
大人:300円(15人以上の場合は250円)
小学生:150円

アクセス
アクセス項参照

駐車場:周囲に有料駐車場あり

所要時間:15分~1時間半程度

HP:忍野村観光情報

おすすめの季節
春:忍野八海に隣接する新名庄川沿いの桜並木は桜と富士山の有名撮影スポットとなっています。

まとめ

山梨県南都留郡にある忍野八海についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

 

富士山周りで特に人気の高い観光スポットであり、自然風景なので24時間いつでも行けるという場所になっています。

富士山周辺や山梨県にお越しの際にはぜひ訪れてみてください。

 

ではでは~ノシ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ