一人旅

日本一周備忘録 111日目(2021/8/28)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も111日目です。早速8/28を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周111日目(2021/8/28)ハイライト

8:10 快活クラブ前橋上小出店出発

前日のゲリラ豪雨を感じさせない素晴らしい天気です。

今日は榛名山のほうを攻めます。

 

8:40 珍宝館到着

聖石温泉で勧められた珍宝館です。館長のちん子さんがいろんなところで、チンコっぽいものやマ〇コっぽいものをかき集めたコレクションが多数展示されている施設です(笑)。

快活クラブから榛名山へ向かう道中にあって、一番最初に通るのでここの開館に合わせて出発したのですが、なんかめっちゃ珍宝館を楽しみにしてる人みたいになってるのが若干不服ではありますが、早速回ってみましょう。

もう入場券からいやらしいですね(笑)。

そして、珍宝館の中にあったコレクションの数々(笑)。本当は浮世絵的な絵画も多数展示してあったんですが、無修正が多数と、謎の良心からなのか結構目の粗いネットみたいのをかけてあって、結構ばっちり見えちゃってる謎の修正を加えられたものしかなかったので、私の良心に従ってその掲載はやめておきます(笑)。

なぜ人はチンコに小銭を置きたがるのか・・・。

ご立派ァ!!

シコリ猫。

圧巻ですね(笑)。

もうね。これはただのアダルトグッズなんよ・・・(笑)・

ラブドールまであるもよう(笑)。

そして、売店に当たり前のように置かれるTENGA。

マジでどうしようもないコレクションの数々(笑)。ただ、これだけ数が集まると本当にすごく感じてしまう不思議な空間でした(笑)。

ちなみに、一定時間ごとに館長のちん子さんが物品を解説しながら回ってくれるアトラクションがあるらしいのですが、私の時は朝一だったからなのか、人が居ないからなのかわかりませんがちん子さんには会えませんでした。

 

9:25 伊香保おもちゃと人形自動車博物館

次は珍宝館の近くにあるおもちゃと人形自動車博物館です。

ここはその名の通りおもちゃや人形、自動車などを集めた博物館です。ただそれ以外にも、館長の趣味全開のコレクションが多数展示されています。そこそこな値段ですが、値段に見合うコレクションの数々とそのクオリティだと思いました。

こちらは人形ゾーンですね。テディベアがメチャクチャいっぱいありました。

そしてレトロな街並みの区間。こちらはレトロゲームからテレビゲームまでおもちゃが多数展示されてました。

そして車。実際にル・マン24時間レースを完走した車が展示されていたり、往年の名車の数々が多数展示されていました。車やレースはそんなに興味ないんですが、昨年の映画で「フォード vs フェラーリ」という私の人生でも最高傑作級の一本に出会ったのが最近だったので、ル・マン24時間レースを完走した車というのは本当に感動しました。

そして群馬県といえば頭文字Dの聖地でもあります。頭文字Dの主人公の実家のモデルとなった藤原豆腐店は街の再開発に伴ってお店をたたんでしまい今ではもうないらしいのですが、店をたたむ際に、実際に使っていた店先の一式を譲り受けて今現在でもそれを展示してあります。また、2005年に実写映画化された際のセットも同様に展示してあります。

洗車だって車だぜィ!!

そして館長の趣味全開のお酒のコーナー。

イギリスで人気のキュリオスティコーラなんかも置いてあります。なんでも世界一美味しいコーラなんだとか。

実際に買ってみました。しょうがの風味が結構強烈ですね。個人的にはコカ・コーラのほうが好きかな。

 

12:15 榛名神社到着

榛名神社です。榛名山のお山の上にある神社ですね。

私は正直寺社仏閣にはそんなに興味はないのですが、ここは来てよかったですね。建物もそうですが、参道が非常に綺麗でした。

群馬県の名物らしい焼きまんじゅうを購入。

饅頭っていうから餡子が入っているのかと思ったら、がわの生地だけの饅頭ですね。それを焼いて醤油味のたれをたっぷりと塗った感じ。結構濃い味。山の中の食べ物は基本的に塩っ辛くなりがちですよね。

ついでにブルーベリー買いました。美味い。

ついでに寄った榛名湖です。

ここも美しい・・・。

 

13:40 伊香保温泉石段街到着

続いて伊香保温泉石段街。温泉街が斜面に広がっており、結構な数の石段を登って上に行く感じですね。ただ、熊本で3333段を経験した私には何でもなかったですけどね(笑)。

頭文字Dのマンホール。榛名山の峠はイニシャルDにも登場する聖地らしいです。

階段を登り切って奥まで行くと、河鹿橋という赤い橋があります。

さらに奥に行くと伊香保露天風呂があります。

いい湯であった。

 

15:15 大澤屋第一店舗到着

少し遅いですが、お昼御飯です。群馬県のこの辺りは日本三大うどんの1つ水沢うどんが名物なので、それを食べましょう。

うどんはコシがあって非常に美味しいですね。そのほかにもマイタケの天ぷらが非常にボリューミーでしかもジューシーで美味しかったです。

 

16:30 達磨寺到着

時間が余ったので達磨寺に寄りました。これでもかってくらい達磨が積まれているお寺です(笑)。

絵馬ももちろん達磨。

社務所にももちろん達磨。

そして巨大達磨。

 

17:25 イオンモール高崎到着

時間があるので映画を見ましょう。ということでイオンモール高崎へ来ました。地味にここは今年公開のオリジナルアニメーション映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」の舞台になったイオンモールで、これはいわば聖地巡礼と言っても過言ではないと、個人的にワクワクしていました(笑)。

そんで見た作品は「フリー・ガイ」。ゲームのモブキャラが自我に目覚めて、プレイヤーキャラクターに恋をするという映画ですね。

この映画がめちゃくちゃ面白かったです。舞台になっているゲームのモデルはほぼ間違いなくグランド・セフト・オート(GTA)ですね。プレイヤーは何でもやりたい放題。普通に一市民としてオープンワールドの街を探索してもいいし、テロリストとして銀行なんかを襲ってもいい。通りがかりのモブキャラクターを殺害してもいいというアメリカ発の代表的なバイオレンスオープンワールドゲームです。そのほかにもいくつも類似ゲームを混ぜた感じの世界観で、そこのモブキャラの一人であるガイは銀行窓口で働く一般市民。しかし彼がある日一人の女性に恋をします。その女性はプレイヤーキャラクターでその特徴である眼鏡をかけているわけですが、ガイは何とかして彼女とお近づきになるために奮闘するわけです。そして、自我を持ったモブキャラクター・ガイは彼女とお近づきになってどうするのか・・・。という感じのお話なんですが、これはいわばAIが自我を持つと・・・という映画なんですね。これまでもAIが自我を持つという話はたくさん描かれてきました。

例えば古くはアイザック・アシモフの「I, Robot(邦題:われはロボット)」やそれに連なる作品郡、有名どころだとターミネーターなんかがそうですね。最近公開された映画だと、割とひどい映画だった印象が強いですが、「AI崩壊」なんかがそうですね。

この手の作品は大部分が自我を持ったAIが人類に反乱するのがお約束で、ここまで人類に友好的な自我に目覚めたAIを描いた作品自体結構珍しいと思います。もうその時点で評価できますよね。そのうえで、話が非常に良くできていますよね。いろんな映画作品のオマージュなんかが見られるほか、ゲームあるあるみたいなものを皮肉ったギャグなんかも非常に多く、メチャクチャ面白いです。それに加えて、近年のバイオテクノロジーの発展とともにその手の研究で必ず議題に挙がる生命倫理の問題、クローンに生存権はあるのか?という問題を拡大した、自我を持ったAI、それは生命なのか?という問題に切り込んでおり、個人的にはかなり時代を先取りしつつ、今後人類が直面する可能性のある問題をしっかりと描いている側面があり非常に楽しめました。

今年ベストとは言いませんが、良作なのは間違いないですし見て損はない映画だと思います。おすすめです。

 

21:20 快活クラブ新前橋店到着

そして、今晩も暑すぎるので快活クラブに泊まります。

 

本日の出費と走行距離

快活クラブ 2310円

ガソリン 1575円

珍宝館 1400円

おもちゃと人形自動車博物館 1300円

キュリオスティコーラ 650円

焼きまんじゅう 250円

ブルーベリー 100

伊香保露天風呂 450円

水沢うどん 1485円

飲み物 252円

ACチケット 1000円

ポップコーン 450円

 

合計 11222円

 

走行距離 77 km

 

締めのあいさつ

8/28はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ