一人旅

日本一周備忘録 116日目(2021/9/2)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も116日目です。早速9/2を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周116日目(2021/9/2)ハイライト

8:20 ジェイズバックパッカーズ出発

今日は悪天候ですが、公共交通機関を使って東京を巡ります。

まずは歩いて柴又の帝釈天へ向かいます。

 

9:00 柴又帝釈天到着

葛飾区といえば柴又帝釈天ですね。私もアニメを見て育った、こち亀こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の葛飾ラプソディーの歌詞の中でも出てくるスポットですね。

そのほかにも、寅さんでおなじみの「男はつらいよ」シリーズの舞台でもありますね。ただ、私は男はつらいよを見たことがないので、そこはそんなに刺さらなかったですね。

柴又帝釈天は昔ながらの東京下町の姿を残した通りが有名ですね。ただ、私が行ったタイミングは朝早すぎたみたいで結構シャッターが下りてましたね。10時開店の店が多かったかな?

次は浅草寺に向かいます。

 

10:30 浅草浅草寺到着

雷門が有名な浅草浅草寺ですね。東京といえばここですよね。

ここから商店街が続いて、その先に浅草寺があります。

また、浅草寺周辺は鬼滅の刃で主人公の炭治郎と鬼舞辻無惨が初めて出会ったスポットらしく、ちょうど鬼滅の刃とコラボしてました。

浅草周辺を散策して浅草演芸ホールに寄席を見に行きました。

 

12:00 浅草演芸ホール到着

浅草の寄席ですね。落語や手品、紙切芸、漫才などいろんなものを見られます。午前の部と午後の部で入れ替え制らしいのですが、なぜか私が行った日は入れ替えがなく、入ったら最後までいてもいいよという日でした。ただ再入場はできないらしいです。

私は昼に入り、午前の部の最後の焦点の黄色い人こと木久扇師匠の話を聞いて、そのまま午後の部へ。そして最後までずっと寄席を見ていました。

落語が多いのですが、落語も話し手で全然違うのがわかって面白かったです。やっぱり後半の人ほど上手いですね。私の大好きな「やかん」をやってくれた方もいたので、非常に満足でした。

帰りがけに、夜のライトアップされた浅草寺を見てきました。

帰りがけにケバブを食べました。

 

21:30 ジェイズバックパッカーズ到着

そして無事帰宅。

 

本日の出費と走行距離

ビニール傘 601円

電車 754円

揚げ饅頭 130円

昼飯 270円

コロッケそば 430円

寄席 3000円

三ツ矢サイダー 160円

ケバブ 600円

宿延長二泊 2600円

 

合計 8630円

 

走行距離 0 km

 

締めのあいさつ

9/2はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ