一人旅

日本一周備忘録 123日目(2021/9/9)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も123日目です。早速9/9を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周123日目(2021/9/9)ハイライト

5:20 ゲストハウス海風出発

フェリーが7時という早朝発なので、日が昇る前の出発となります。

それでは、那覇港を目指して歩いていきましょう!

途中コンビニで朝食を購入。

那覇港に着くころには、空がうっすら明るくなってきました。

 

5:35 那覇港船客待合所到着

那覇港に到着し、フェリーのチケットを購入。

時間になったので、フェリーに乗り込みます!

雑魚寝席ですね。

フェリーは大体5時間ほどで与論島に到着する予定なので、船の中を散策したり、スマホをいじったりしながら時間を潰しました。

 

12:00 与論島到着

もう綺麗。港に着いた瞬間から海が綺麗すぎて、ビビります(笑)。

とりあえずは、レンタルバイクで原付を借りて島を回る予定なので、港から、レンタカー屋さんがある、集落まで歩きます。

集落までの道が、日本じゃないんですよね(笑)。

 

12:20 与論島南国レンタカー到着

無事、レンタカーに到着し、50 cc の原付を借りられました。

まずは、与論島一番のスポットである百合ヶ浜に渡るための大金久海岸を目指します。

 

12:50 大金久海岸到着

大金久海岸に到着し、百合ヶ浜に渡る船を出している方に連絡を取ったところ、干潮は14時半ごろだから、14時の便に乗ることを勧められたため、1時間ほど時間を潰してから出直すことに。

ということで、Twitterでおすすめいただいたかき氷屋さんに行ってみます。

 

13:00 お食事処味咲到着

お食事処味咲です。お食事処なので、ご飯もあるのですが、こちらの名物は巨大なかき氷。しかも種類が豊富で、南国ならではのフルーツを使ったオリジナルシロップなんかもあります。

私が注文したのは百合ヶ浜というかき氷。まぁ、ブルーハワイですね。そして上にアイスクリームが乗っています。このサイズで500円なのでかなりお得だと思います。

 

14:00 百合ヶ浜到着

いい感じに時間を潰せたので、百合ヶ浜に向かいます。大金久海岸から、渡し船を出してくれているので、それに乗って百合ヶ浜まで向かいます。

もうね、海が冗談みたいに綺麗なんですよね。

そして百合ヶ浜到着!

百合ヶ浜は大金久海岸から沖合 1.5 km ほどのところにある砂浜で、3月~10月にかけて、中潮から大潮の干潮時にのみ現れるという幻の砂浜です。大体、年間60日前後条件の合う日があり、その中で天気が悪いと浜が出なかったりするので、ここまで天気がいい日に恵まれるのはかなりラッキーな方らしいです。

また、大潮の時には、完全に浜が顔を出すのですが、今回のような中潮ではひざ下くらいまでは海水が来ており、浜は完全に顔を出しません。

ただ、ものは考えようで、浜が完全に顔を出すと、浜の綺麗な波紋が踏み荒らされてしまうので、景観としては少し残念になってしまうみたいです。逆に中潮くらいだと、浜は海に沈んだ状態なので、いくら踏んでも浜の波紋は残るので、それはそれで綺麗でした。

ただ、私は最高の天気に恵まれて、最高の状態の与論島に来れたというのは確かなようです。問題は、本日は宿が取れずに、野宿になるという点ですね。

 

百合ヶ浜から引き上げる船の中で、ウミガメスポットを通ってくれました。

与論島は日本で一番ウミガメの上陸数が多い島らしく、周辺にはウミガメがそこら中にいるそうです。ウミガメはある程度決まったスポットにいて、それを見に行きました。

ウミガメかわいい。

 

15:40 皆田海岸到着

百合ヶ浜を満喫したところで、島の中を散策していきます。まずは、大金久海岸のすぐ近くにある皆田海岸。

与論島には名前の付いたビーチが60か所ほどあるそうで、そこら中がビーチになっています。

 

16:00 与論駅到着

与論駅です。別に電車が通っているわけではないですが、与論島の映えスポットとして有名なスポットです。

ここはまた夜にも来ますが、天野川の撮影スポットとしても有名です。

 

16:30 コーラルウェイ到着

続いてコーラルウェイ。北海道にある白い道みたいなものです。真っ白の砂が敷き詰められた道で非常に写真映えするスポットです。

青い空がよく映えますね。

そのほかにも、小さい映えスポットがそこら中にあるので、走っていて本当に楽しい島でした。

 

17:30 泰斗寿司店到着

この後は夕日を見たいのですが、少し時間があるので、今のうちにご飯を食べちゃいます。

今日はおにぎりとかき氷しか食べてないですからね。おなかペコペコです。

行ったお店は泰斗寿司店。お寿司屋さんなんですが、定食や丼ものもやっていて、かつ丼が特に美味しいという口コミが多数あったので、かつ丼を注文。

噂にたがわぬ美味しさでした。ごちそうさまでした。

 

18:00 ウドノスビーチ到着

そして夕日を見に、ウドノスビーチへ。

マジックアワーには本当に真っ赤な空になりました。

 

19:00 与論駅到着

日が沈んだので、星空の撮影で与論駅へ再び。

今日は新月までは行かずとも、月はほとんど欠けた状態で、少し待てば月が沈みそうだったので、じっくりと撮影をすることに。

未だかつて見たことのない満天の星空に圧倒されました。本当に綺麗な天然プラネタリウムで、私はこの光景を生涯忘れることはないと思います。

そして、星空の撮影に来た島生活3か月目の女性から、大金久海岸の朝日も素晴らしいからぜひ!と言われたので、今日は大金久海岸で寝ることを決めました。

ということで、大金久海岸に向かいます。

 

23:30 大金久海岸到着

夜の海岸は夜行性の生物がたくさんいて面白かったです。

そして天然のプラネタリウムの下で野宿となるわけなんですが、寒い。。。

南国だから死ぬことはないだろうと高をくくっていたら、風が思いのほか強く、寒い。。。

浅い睡眠と覚醒を繰り返しながら、日の出を待ちました。

 

本日の出費と走行距離

イヤホンとおにぎりとお茶 1885円

那覇→与論 フェリー 3110円

ババアのキーホルダー 500円

原付レンタル 2500円

百合ヶ浜船 3300円

泰斗 カツ丼 800円

飲み物 211円

 

合計 12306円

 

走行距離 35 km

 

締めのあいさつ

9/9はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ