一人旅

日本一周備忘録 133日目(2021/9/19)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も133日目です。早速9/19を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周133日目(2021/9/19)ハイライト

7:00 ゲストハウスゆんテラス出発

いい天気ですね。今日は民間人が到達可能な日本の最南端である波照間島に向かいます。

ということで、フェリー乗り場までイクゾー!!

 

7:20 石垣港離島ターミナル到着

フェリーターミナル到着です。

波照間行のチケットを購入します。

あとはフェリーの時間を待つだけ・・・・。

そういえば石垣島はライトフライ級のチャンピオンだった元プロボクサーの具志堅用高さんの出身地なんですね。

具志堅さんはパンチを受けても目を閉じることがない特殊な力を持った人だったらしいですよ。

そんなこんなしている間にフェリーが来ました。

波照間行のフェリーはよく揺れることで有名で、与那国行のフェリーに次いでゲロ船として有名なんだとか。。。大丈夫かな。。。

 

9:10 波照間島到着

なんて心配しているうちにあっという間に波照間島到着です。写真を見てもらえばわかるように、基本的にメチャクチャ天気が良かったので、海も穏やかでそんなに船も揺れませんでした。私が見ている限り、ゲロを吐く人もいなかったように思います。

そして、波照間島では原付を借りて回っていきます。

とりあえず夕方発の最終便で帰る予定なので、原付を6時間レンタルしました。

まずは民間人が到達できる最南端を目指して走ります。とはいってもかなり狭い島なので、あっという間なんですけどね(笑)。

次に、お土産というか、ステッカーが欲しかったので、お土産屋さんが入っていそうな空港を目指します。

開いてないですねー。

それじゃあ、適当に島を回っていきましょう。

Twitterでおすすめしていただいた撮影スポットに行ってみます。本当に海の色が狂ってますね。綺麗すぎでしょ(笑)。

そして、すこし集落を巡ったりしたのですが、波照間島は島の中心に集落がひとつあるだけの本当に小さい島で、島内に信号がひとつもないような島なので、本当にあっという間に回ってしまいました。

 

13:00 波照間島出発

ということで夕方の便で石垣に帰る予定でしたが、存外に早くやることが無くなってしまったので、昼の便で石垣島に帰ることにしました。

波照間島のステッカーはフェリー乗り場に売店があったので、そこで購入しました。一緒に最南端の到達証明書も購入しました。

 

14:30 石垣港離島ターミナル到着

そして、石垣島に戻ってきました。

離島ターミナルではマリヤシェイクというシェイクが美味しいと聞いたので、それを購入。

確かに美味い!濃厚なのにあっさりしていて非常に飲みやすいです。いくらでも飲めそうなシェイクですね。

 

15:00 ゲストハウスゆんテラス到着

そしてお宿に帰還。日暮れまで時間があったので、ダイビングに向けて海パンなんかを買いに行きました。海パンってクソ高いのな。。。

そして、今後の計画を整理して、西表島ツアーとダイビングの申し込みをしました。すげーお金飛んでく。。。

 

本日の出費と走行距離

石垣-波照間フェリー往復 6910円

原付レンタル 3300円

アクエリアス 160円

パンと飲み物 599円

波照間島到達証明書 500円

マリヤシェイク テラマリヤ 750円

水着 9680円

島ぞうり 480円

ステッカー 300円

ハーフパンツ 3024円

ダイビングツアー 16005円

西表島ツアー 10500円

 

合計 52208円

 

走行距離 5 km

 

締めのあいさつ

9/19はこんな感じ。すごい出費ですね。やっぱり沖縄は金がかかる。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ