一人旅

日本一周備忘録 150日目(2021/10/6)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も150日目です。早速10/6を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周150日目(2021/10/6)ハイライト

6:45 木落し公園出発

朝です。いい天気ですが、長野は安定の寒さ。かなり目立つところにテントを張りましたが、さっさと耳栓して寝たので、警察が来たかは不明です。どうもここは小学校の通学路らしく、朝7時前なのに、ぽつぽつと小学生が歩いていました。遅刻常習犯だった私には考えられない時間の登校です。

さて、今日はビーナスラインを走り、軽井沢、草津温泉、志賀草津高原道路を走り長野側に戻ります。

それじゃあ、イクゾー!(デッデッデデデデ!(カーン)デデデデ!)

 

7:20 ビーナスライン走行

長野県の東側に走る名道、ビーナスラインです。バイク乗りやドライブ好きなら一度は行ったことがある人も多いと思いますし、長野県に行ったことのないライダーも名前は聞いたことがあるという人が多いと思います。それくらい界隈で有名な道路の一つです。

実際に走ってみると感動しますよ。マジで綺麗。そんで少し進むと停まれるスペースがあって絶景。また少し進むと停まれるスペースがあって絶景で、全く前に進みません。ここは人気になる理由がよくわかりますね。ここを天気のいい日に走るために天気待ちで宿泊する日本一周勢も大勢知ってます(笑)。それくらい綺麗なスポットです。

天気がいいのでうっすらではありますが富士山も見えました!長野からも富士山はみえまぁす!!

標高が高いので、雲が同じ高さにあるんです。あの上に行ければ雲海になるんですけどね。

8:30 白樺湖到着

白樺湖です。ビーナスラインで見えた雲海の下に入ったみたいで、雲がかなり増えてきました。

カモ可愛いですね。

 

12:00 鬼押出し園到着

次に来たのは鬼押出し園。ここの前に軽井沢の石の教会に行ったんですが、今日は何かで使ってるらしく、入れない日でした。残念。

さて、鬼押出し園ですが、浅間山の噴火による溶岩が固まってできた岩石が乱立する景勝地です。浅間山の麓にあるので、浅間山がきれいに見えます。軽井沢に入った時には、浅間山が完全に雲に覆われていて、見えなかったので、この短時間でここまで見えるようになるとは思っていませんでした。山の天気は変わりやすいという言葉がよくわかります。

実はこの鬼押出し園、私は過去にも来ています。なんてったて2ヶ月間軽井沢に住んでましたからね。その時に来てるんですね。

先ほども書いたように、鬼押出し園は浅間山の噴火で出てきた溶岩が固まった岩石の密集地帯です。桜島なんかでも類似の地形を見ることができますが、なかなか面白いので一度行ってみるのがおすすめです。

私は春と秋にしか行ったことが無いのですが、軽井沢の人に聞くと、雪の鬼押出し園が一番いいと言ってました。サンプル数が1なので、信用に値する情報かは疑問ですが、冬にも行ってみたいですね。

 

13:00 草津温泉到着

続いて、草津温泉!軽井沢に住んでるときに行ってみたいと思いながら結局行かなかった場所です。そう、初草津です。なんか、消防法かなんかが変わった関係で、あの大きいしゃもじみたいなやつで、お湯をかき混ぜるやつできなくなったんでしたっけ?とはいえ、日本で有数の知名度を誇る温泉地なのは間違いないです。

はじめて来た感想ですが、「すげーーー!!!」でした。本当に心の底からそう思いました。今年の都道府県魅力度ランキングで群馬県が44位かなんかになったかで、群馬県知事がブチ切れてましたけど、知事の主張もわかるんですが、こんな素晴らしい観光地を持っていながら、草津温泉と群馬県が結び付いてない人が多いという点にも注目すべきだと思いますよね。群馬県民からすれば住んでるんだから常識かもですが、群馬の外に住んでる人にとっては必ずしもそうではないですからね。草津温泉が群馬県にあるって認知がもっと広がればもっと上位になると思いますし、それをすべきなのは、調査会社ではなく群馬県の人たちでしょ?自分たちのことを棚に上げて、法的に訴えるとか大人げないことしてるの見ると、ケツの穴が小さいというか、器が小さいというか、度量が小さいというか、冗談が通じないというか、、、残念な人だなという印象を強く持ちましたね。鳥取県の知事くらいにユーモアをもって返すか、茨城県くらいにどんと構えて、自虐ネタにするくらいのほうが印象いいでしょうに。正直、この知事のせいで群馬県の印象も悪くなってるんじゃないかと思ってしまう節があります。

戯言はこんなところにしといて、ここは本当にすごいと思います。絶対に一度は来るべき土地ですね。

そしてせっかくなんで温泉にも入っていきます。行ったのは西の河原露天風呂。クソでかい露天風呂です。お風呂の写真は禁止されてたので、各々画像検索してみてください。天気も良くて最高に気持ちよかったです。

 

14:00 志賀草津高原道路(渋峠)走行

草津から長野県に抜ける道の一つである、志賀草津高原道路です。旅人には日本国道最高地点と言ったほうが伝わりやすいですかね。

ここもビーナスラインに負けない素晴らしい道でした。個人的にはビーナスラインよりも好きですね。とんでもなくきれいな道でした。後から聞いた話、最近まで、道中の火山ガス噴出地帯の活動が活性化していたみたいで、オープンカー、バイク、自転車は走行禁止だったみたいです。草津温泉の近くですからね。そりゃ火山活動もありますよね。幸い、私は通れましたし、天気にも恵まれました。

素晴らしいワインディングロードですね。

国道最高地点から見る火山です。

そして、雲海にも恵まれました。自動車で登って雲海見られるなんて、本当にすごいと思いますよ。このまま夕方まで粘り、夕陽、夕焼けの雲海も撮影します。

清少納言は枕草子の中で、「紫だちたる雲の細くたなびきたる」という表現をしています。あちらは春の明け方、こちらは秋の夕暮れですが、曇って本当に紫色に色ずくんだなと思いながら、枕草子の上の一節を思いだしました。また、同署の中で清少納言は「秋は夕暮れ」と言ってますからね。彼女と視点は違いますが、このロケーションはまさに「秋は夕暮れ」なんですね。学生時代に学んだときは何とも思わなかった枕草子に、10年以上の時を経て感動させられるとは思いませんでした。まぁ、それを言い出すと、枕草子が書かれたのは西暦1000年頃と言われているので、1000年の時を経て、この瞬間に私は清少納言と心を通じ合わせていると言っていいと思うのです。この時の私の脳内は完全に平安時代でしたね。いとをかし。

18:45 渋温泉到着

日が沈んだ渋峠を降りてきました。気温7℃。とんでもない寒さでした。そして、あれだけ綺麗な雲海が見えたんです。下ると必然的に雲海の中を走ることになるんですが、該当一つない霧に包まれた山道を走る恐怖ね。もう走りたくない。本当に怖かった。お化けとかではなく、路面状況も見えない、視界も悪い曲がりくねった道路を過積載バイクで走る恐怖です。突然の工事によるダートなんか来てみ?死ですよ。もう即Death。終わりです。この恐怖は本当にもう二度とごめんです。

そうして下ってきた先でたどり着いたのが渋温泉。ここの金具屋さんという宿が千と千尋の神隠しのモデルの一つと言われているんだとか。私が行くと、残念ながら電気がついてなかったのですが、後から聞くと、地元民でもライトアップされてない状態はなかなか見ないそうです(笑)。明かりの灯った金具屋を見たい人は画像検索してみてください。千と千尋の神隠しの世界に迷い込めますよ。

 

20:00 須坂ベース到着

そして本日のお宿、Twitterのフォロワーのすのさん(@sunoSTEED)のガレージ、通称須坂ベースに泊めてもらいました。この日は朝からすのさんがおすすめスポットを教えてくださり、渋温泉の金具屋もすのさんから教えていただきました。

少しお話して、就寝。翌朝少しお話して、出て行っちゃったんですが、結構沈没していく旅人も多いみたいですよ。

その沈没の原因がおそらくこのアウトドアベッド。初めて使いましたが、これはマジでいいです。マットとは比べ物にならない快適さでした。本当に最高。持って行こうかしら(笑)。

ということで、本日はここまで!

 

本日の出費と走行距離

飲み物 弁当 パン 835円

鬼押出し園有料道路 150円

鬼押出し園(JAF割) 550円

草津温泉駐車場 300円

ステッカー 880円

西の河原露天風呂 600円

晩御飯 598円

 

合計 3913円

 

走行距離 166 km

 

締めのあいさつ

10/6はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ