一人旅

日本一周備忘録 69日目(2021/7/17)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も69日目です。早速7/17を振り返っていきましょう。

本記事は2021年7月17日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周69日目(2021/7/17)ハイライト

6:30 沓形岬公園キャンプ場出発

昨晩はとんでもない風でした。そして、起きてからも相変わらず、とんでもない風が吹いています。テントの撤収が一苦労でした。

今日は時計回りに利尻島の外周を一周して稚内に帰ります。まずは北にある展望台、富士野園地を目指します。

 

6:50 富士野園地到着

利尻島の北の端っこにある展望台、富士野園地です。ここからはポンモシリ島がすぐそこに見え、天気が良ければ稚内や礼文島が見えるそうです。

風は相変わらず強烈ですが、天気は晴れました。昨日と同じく、西側に明確に雲があり、東に行くと青空との境界がありました。本当に不思議な島だぜ。

ポンモシリ島はアイヌの言葉で「小さい島」を意味するらしいです。クロユリが咲くスポットであり、海鳥の繁殖地となっているそうです。

展望台なのに、展望台からの写真を取り込み忘れているので、写真は省略です。すまねぇ。。。すまねぇ。。。

続いて、富士野園地のお隣にある展望台、夕日ヶ丘展望台に向かいます。

 

7:30 夕日ヶ丘展望台到着

富士野園地の割と隣にある展望台、夕日ヶ丘展望台です。その名の通り、夕日を見るには絶好のポイントなんですが、あいにく早朝です(笑)。

そして、ものすごく風が強いです(笑)。

展望台へ登っていきます。

絶景かな。絶景かな。

こっちが西側。

こっちは東側。

確かに西の方が開けているので朝日よりかは夕日のほうが映えそうですね。

続いて、フェリーターミナルからすぐに見える岬、ペシ岬展望台を目指します。

 

8:00 ペシ岬展望台到着

上の写真の岬です。あれに登ります。

岬の入口に猫ちゃんが居ました。かわいいニャー。

登っていくぞー!

どんどん行くぞー!

奥の先っぽまで行くぞー!

先っぽ到着!!景色は最高なんですが、風がとんでもない!強風が吹くとマジで身動き取れなくなる!本当にシャレにならない風の強さです!!でも絶景!!利尻に来てよかったと心から思える景色です。

次は利尻島郷土資料館に向かいます。

 

9:30 利尻島郷土資料館到着

利尻島郷土資料館に向かって島を南下すると、雲が近くなってきて、霧も少し出てきました。天気いいのはフェリーターミナル周辺だけみたいですね。どうなってんだこの島は。

それはさておき、利尻島郷土資料館に到着です。

熊のいない利尻島に、北海道から熊が泳いできた珍事件や、外国との関わりの拠点となっていたことなど、面白い展示から地味に日本の歴史においてそこそこに重要そうな内容の展示まで幅広く、存外に面白かったです。

続いて、オタトマリ沼を目指します。

 

10:25 オタトマリ沼到着

オタトマリ沼に到着しました。見よ!この天気を!!どうしてこうなった!!あの青空を返せ!!

ハイ、曇ってます。天気が良ければ姫沼と同じく利尻の逆さ富士が見えるスポットなんですが、この天気だと、そもそも利尻山が見えませんでした。

ただ、鳥は多く、鳥の写真はたくさん撮りました。

あと、軽食を取れる海の家的な小屋で何も買わずに、写真だけ撮りました。美味しそう。

次は、沼浦展望台へ向かいます。割とすぐそこです。

 

10:45 沼浦展望台到着

沼浦展望台です。ここは、北海道の代表的なお土産の一つ、白い恋人のパッケージとなっている利尻山を撮影したスポットらしいです。

天気のいい日には利尻山が綺麗に見えるスポットであり、白い恋人のパッケージと同じ山が見えることから、白い恋人の丘の別名があり、ここでプロポーズをしたカップルには白い恋人のデザインのプロポーズ証明書が贈られるそうです。

今は夏なので、さすがに雪はかぶってませんでしたが、きれいな利尻富士が見えましたね。見えましたね。心の綺麗な人には見えましたね。

美しい利尻富士を見たところで、次は南浜湿原へ向かいます。

 

11:00 南浜湿原到着

南浜湿原です。小さい湿原なので、あまり期待していなかったのですが、先日行ったサロベツ原生花園や、昔行った戦場ヶ原とは明らかに植生が異なっており、非常に興味深かったです。

ただ、木道は非常に狭く、手入れも行き届いていないので、植物が木道まで伸びてきていたり、子どもよりも高い草が平気で伸びてきているので、子どもは連れてかない方がいいかもです。

そして、ある意味、自然のままに近い状態なので、手入れされていない大自然という一種の不気味さをまとった空間で、少し気味が悪いかもしれません。少なくとも、私は不気味に感じました。

次は、仙法志御崎公園へ向かいます。

 

11:30 仙法志御崎公園到着

もうこの辺は曇り空が非常に厚く、景色もイマイチでした。天気ばかりはしょうがないですが・・・。

特にコメントもないです。

次は北のいつくしま弁天宮を目指します。

 

11:50 北のいつくしま弁天宮到着

祠の立っている岩が龍神の岩と呼ばれており、それを祀っているそうです。

龍神の岩の由来は、大正初期に、地鳴りとともにこの岩に何かが降り立ったという伝説があったそうです。それを祀るために昭和54年に祠を立てたそうです。結構歴史が浅いスポットですね。利尻島という狭く隔離された空間じゃなければ絶対にスルーしてたと思います。

次は、利尻らーめん味楽に向かいます。

 

12:00 利尻らーめん味楽到着

ここの焼き醤油ラーメンは非常に有名らしく、このラーメンを食べるためにこの島を訪れる人が居るとかいないとか。ちょうどお昼時ということもあり、私が行った時点で4組待ちでした。

待ち時間に隣の海産物直売所でホッケのかまぼこを買いました。

美味い!

そして、待っていると呼ばれたので中に入り、焼き醤油ラーメンを注文。

味のほうは、、、スープが抜群に美味いです!これまで食べたどの醤油ラーメンよりもスープが美味しいです。ただ、その衝撃は最初の一口だけで、それ以降は普通の醤油ラーメンとそんなに変わらないように感じました。私が味音痴なだけかな?

どちらにせよ、私は長浜系のとんこつラーメン推しなので、確かに美味しいですが、このために利尻を訪れようとは思わないですね。美味しいんですよ!それは間違いない。

これで行きたいところは一通り行ったので、フェリーターミナルに向かいます。

 

13:15 鴛泊港フェリーターミナル到着

ここだけは晴れてるんですよね。本当に不思議な島です。

稚内行のフェリーは夕方17時半出港なので、それまでフェリーターミナルの二階でパソコンをいじります。

そして、時間になったのでフェリー乗船手続きをしてフェリーを待ちます。

フェリーが来ました!

稚内に戻るぞー!

稚内のキャンプ場には昼の便で礼文から稚内に戻った奴がいるはずです。

 

19:15 稚内フェリーターミナル到着

セコマでご飯を買って、あのキャンプ場へ向かいます。

 

20:30 稚内森林公園キャンプ場到着

あのキャンプ場到着です。

礼文から昼の便で帰ってきていた豆さんと合流して、本日は終わりです。

 

本日の出費と走行距離

利尻島郷土資料館 200円

セイコーマート(昼と夜) 776円

味楽 焼き醤油ラーメン 880円

利尻島→稚内フェリー 7270円

 

合計 9126円

 

走行距離 78 km

 

締めのあいさつ

7/17はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ