一人旅

日本一周備忘録 70日目(2021/7/18)

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周も70日目です。早速7/18を振り返っていきましょう。

本記事は2021年5月10日に日本一周を始めた私の備忘録です。基本スタンス記事に力を入れすぎず継続するです。

 

日本一周70日目(2021/7/18)ハイライト

6:00 稚内森林公園キャンプ場出発

例のキャンプ場、土曜夜ということもあり、半端なくバイク停まってました。30台くらい。夏の北海道のキャンプ場すごい。

今日は稚内の観光をしてデノーズというお店のスラッピージョーというハンバーガーを食べてから宗谷岬に向けて出発します。デノーズの開店時間が11時なので、メチャクチャ余裕があるのですが、起きたものはしょうがないので出発します。

まずは稚内の北の岬、ノシャップ岬を目指します。

 

6:50 ノシャップ岬到着

ノシャップノシャップ~♪フーーー↑↑ノシャップノシャップ~♬

ノシャップ岬到着です。イルカの時計かわいい。

次は、稚内港北防波堤ドームです。

 

7:05 稚内港北防波堤ドーム到着

ある意味で稚内のシンボルともいえる建物、稚内北防波堤ドームです。

高さ 14 m 長さ 427 m でギリシャの神殿を彷彿とさせる巨大な柱が印象的な建物です。

朝のウォーキングルートに使っている地元の方が結構たくさんいました。

稚内の回りたいところを回ってしまったわけですが、デノーズ開店が11時で3時間半くらい時間が余ったので、電源とフリーWi-Fiを求めて道の駅わっかないに行きます。

 

7:40 道の駅わっかない到着

道の駅わっかないってJR稚内駅とつながってるんですね!そんで映画館が入ってるんですね!!

ということで映画を見て時間を潰します。見る映画は細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」。公開されたばかりの作品です。稚内の映画館はT・ジョイなんですね。T・ジョイは実家の近くにないので、メンバーズカードとか持ってないんですよね。。。平日なら朝一割があったんですが、あいにく休日なのでフルプライスです。。。1900円は痛いなぁ。。。

映画はまぁ面白かったです。細田守版美女と野獣って感じですね。一部、ハウルの動く城を連想させるシーンなんかもありましたが、美女と野獣はかなり強く意識されてましたね。それと、田舎×電脳空間というデジモンアドベンチャー・ぼくらのウォーゲーム、ほぼそのリメイクと言っても過言ではないサマーウォーズと近い舞台設定ですね。

最近は観客にウケる作品よりも自分の性癖を優先している印象の細田守監督ですが、本作も、そちっちの傾向が強いかもですね。私は好きですけどね。

サマーウォーズでは俺がやらなきゃ世界がヤバいという大きなスケールの話でしたが、本作は電脳空間という全世界とつながる広大な世界を舞台としながらも、あくまでも小さい規模で物語が進んでいき、規模が小さいからこそ、すずという女の子の心情変化やトラウマの克服なんかを描くことができていたと思います。

ただ、風呂敷を大きく広げた割に、すみっこしか使っていない感は否めないですし、ちょっと説明不足というか話が突飛な方向に行ってしまう場面もいくつか見受けられたので、少し荒が目立つ作品なのは間違いないと思います。

個人的にはまぁまあ面白かったです。未来のミライよりかは好きですかね。ただ、世間はサマーウォーズクラスの作品を求めているはずなので、結構厳しい意見は多いかもですね。

ちなみに、私が好きな細田守作品は、時をかける少女、おおかみこどもの雨と雪、サマーウォーズです。

映画が終わったのが、10時半ごろ。デノーズの開店が11時なのでいい時間です。

デノーズに行こうと一旦駐車場に戻ると、昆布を括り付けた珍妙なバイクが隣に停まっていました。

 

11:00 デノーズ到着

歩いて一分のところにデノーズがあったので、駐車場にバイクを置いたままデノーズに向かうことに。スラッピージョー楽しみです。ちなみに、スラッピージョーはミートソースをバンズで挟んだ料理で、デノーズではそこに大量のチーズをかける料理になっています。

もとは終戦後1972年まであった稚内の米軍基地に務める米兵の母の味を再現するために初代オーナーが作ったバーガーだそうです。そのため、アメリカで食される一般的なスラッピージョーとは少し違う、アレンジの利いた食べ物になっているんだとか。。。

スラッピージョーのスラッピーは英語で「だらしない」を意味する「sloppy」のことで、直訳すると、「だらしないジョー」となるらしいです。食べるときに挟んであるミートソースがボタボタと落ちる様から、名前に「sloppy(だらしない)」がはいってるんだとか。

そして、楽しみにしていたスラッピージョーですが、なんと休みでした!!

不定休の怖いところですよね。休みの情報が行ってみないとわからない。日曜に店閉めるか??まぁ閉まっているものはしょうがないので、本土最北端の地・宗谷岬を目指します。

その前に、稚内副港市場によって行きます。

 

11:30 稚内副港市場到着

副港市場に着きました。駐車スペースに日本一周勢が!!

結局会えずじまいでしたが。。。

とりあえず中へ。別に何を買うでもなく見るだけのつもりで入っているので、一周したら出てきました。

では、本土最北端の地・宗谷岬を目指す前に、レッドバロン稚内でいろいろ曲がったり、ボルトがなかったり、外れている部分を直してもらいます。

 

12:00 レッドバロン稚内到着

いろいろ直してもらいました。ありがとうございました。

ではようやく本土最北端の地・宗谷岬へ、、、行く前に、白い道に向かいます。

 

12:50 白い道到着

白い道到着です。白い貝殻の道とも呼ばれます。白い色はホタテの貝殻の色らしいです。もともとは普通の道だったんですが、平成23年(2011年)に稚内産業観光課職員のアイディアで、宗谷牧場のオフロードに砕いたホタテの貝殻を敷き詰めたのが始まりらしいです。その後、オフロードを走りたがる変態ライダーたちの間で、日本離れした美しい光景が話題となり、全国的に広く知られるようになったそうです。

今年でちょうど10年なんですね。歴史が浅いながらも、ここまで世間に周知されているというのはすごいですよね。そして、実際にめっちゃ綺麗でした!

 

次はとうとう本土最北端の地・宗谷岬です。今度こそホントです!!

 

14:00 宗谷岬到着

本土最北端の地・宗谷岬到着です!!いい天気だけど、樺太は見えないですね。

デノーズでスラッピージョーを食べられなかったので、近くの食事処でご飯を食べます。ということで、ホタテラーメンが有名らしい食堂最北端に行きました。

注文したのはホタテラーメン。

塩ラーメンにホタテが入っている感じですね。味は、まぁ普通。想像通りの味だと思います。

腹も満たしたところで、バイクに戻ると、まめぐさん(@Ma_Megu_Bike)と遭遇!一緒に写真撮りました!

少しお話して、各々出発!私は宗谷岬の側にあるガソリンスタンドで給油。これは最北端のセットだと聞いたので。

最北端を取ったので、海沿いを南下してエサヌカ線に向かいます。

 

16:00 エサヌカ線到着

道北に向かう道でオロロンラインじゃない方の直線道です。こちらも素晴らしい直線道で、向こう側に地平線が見えます。した写真の左車線の黒い線は奥に走っていった車の天井ですね。地球の丸さを感じることができるスポットです。

エサヌカ線を満喫したところで、本日のキャンプ場、クッチャロ湖畔キャンプ場へ向かいます。

 

17:00 クッチャロ湖畔キャンプ場到着

広々としたいいキャンプ場です。

私は無料だと思ってテントを張ったら、普通に利用料金400円の有料キャンプ場でした。とはいえ、徒歩圏内にホテルがあり、温泉が利用できる(大人550円)ほか、炊事場、トイレ、有料洗濯機と乾燥機までついているので、非常に快適です。ちなみに、隣のホテルの温泉はアルカリ性の泉質で全身ヌルヌルになり最高ですよ!!

今日はここでお休みです!

 

本日の出費と走行距離

コーラ 116円

映画 1900円

レッドバロン 2200円

最北端食堂 ほたてラーメン 800円

ガソリン 1482円

風呂 550円

晩御飯とお茶 825円

 

合計 8293円

 

走行距離 120 km

 

締めのあいさつ

7/18はこんな感じ。

ではまた!!

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ