2021年公開映画

映画「地獄の花園」感想

こんにちは、おにぎりパンです。

日本一周中ですが先日、映画を見る時間ができたので、大分県で「地獄の花園」を見てきました。

本記事では映画「地獄の花園」についての感想を書き連ねていきます。

 

映画「地獄の花園」のあらすじ

 

あらすじ

ごく普通のOL生活を送っているかのように見える直子。しかしその裏では社内の派閥争いをかけ、OLたちが日々ケンカに明け暮れていた。ある日、中途採用されたOL・蘭と直子は一緒にカフェめぐりをするなど友情を深めていくが、蘭の正体はスカジャンがトレードマークのカリスマヤンキーOLだった。蘭の入社をきっかけに、直子の会社が全国のOLたちのターゲットになってしまい……。

 

 

お笑い芸人のバカリズムオリジナル脚本の映画化作品ですね。バカリズムさんがかかわる作品としては、昨年、2020年に公開された「架空OL日記」が記憶に新しいですが、本作もOLの生活は実は裏ではこうでしたという発想がスタート地点ですね。

 

映画「地獄の花園」の感想

初めに映画の評価をはっきりさせときますと、ギャグというか、コントとしては面白いですが、映画としては正直イマイチな作品でした。個人的には65点くらいです。ただ、コントの映像化という意味では非常に良かったと思います。

映画ドットコム的には3.4~3.6くらいじゃないでしょうか。

先ほども書きましたが、映画としては正直微妙です。OL同士のマウント合戦みたいなものを行き過ぎた形にした結果、不良漫画をOLたちがやるという作品で、やってることは結局不良漫画のテンプレートなんですよね。それをOLがやるというギャップというかシュールさは非常に面白く、発想はいいのですが、何度も書きますが、それは映画ではなくコントなんですよね。結局コントの映像化なんですよ。

細かい感想は以下に書いていきます。

 

発想は面白い

脚本が人気お笑い芸人であるバカリズムさんが担当しているということで、お笑い芸人の独特の感性からくる発想は非常に面白かったです。そして、それを映像化しようという前衛的な姿勢も非常にいいと思います。

ただ、何度も書きますが、やっぱりそれはコントの映像化にしか見えないんですよね。めんどくさいオタクみたいであまりこういうことは書きたくないんですけど、私は本作を映画としては認めたくはないです。撮影して編集して映画館で流してるんだから映画なんですけど、個人的になんかズレてる作品だなぁという印象が強かったですね。

展開的にはOLたちが会社の覇権を争って派閥抗争をして、喧嘩で勝ったやつがその会社を仕切るという、よくある不良漫画です。その後は学園を統一したので、別の会社のやつらがケンカを売ってくるというこれまたよくある不良漫画の展開ですね。

ところどころ、OLらしさが垣間見えるセリフ回しで啖呵を切りあう場面なんかは非常に面白かったです。ほかにも、不良漫画のテンプレートを会社やOLに当てはめるからこそ出てくるシュールさは最高でした。

ただやっぱりそれはコントであって映画ではないような気がしてならないんですよね。

 

役者はよかった

役者は全体的に良かったと思います。

個人的に良かったと思うのは、ヤンキーOLを演じていた菜々緒さん、川栄李奈さん、大島優子さんですね。あと小池栄子が小池栄子とわからなかったです。それくらいイメージとかけ離れたメイクとキャラクターを演じてましたね。小池栄子さんの演技は安定感があってよかったです。

個人的にがっかりだったのが広瀬アリスさんですね。広瀬アリスさんってもっと美人じゃなかったっけ?と思いながら見てました。

 

演出も全体的にイマイチ。ただカメラワークは頑張ってた

やっていることは不良漫画のテンプレートであることからも、殴り合いや乱闘のシーンが結構あるのですが、その辺はまぁ、決して褒められる出来ではなかったです。参考にしている不良漫画なんかも映像化されているものが多いですし、明らかに参考にしているのが見えてくるので、どうしても元の映画と比較してしまうので、そこはしょうがないですね。

ただ、カメラワークは頑張ってましたね。そこは素直に評価したいです。

 

まとめ

映画「地獄の花園」を観た感想を書いてきました。

本映画の良かった点・気になった点をまとめると以下のような感じです。

良かった点

発想はいいし、笑いどころも多い

役者は全体的に良かった

カメラワークは頑張ってた

気になった点

映画というよりコントの映像化で、個人的には映画とは呼びたくない作品

明らかに不良漫画を意識しているのに、ケンカシーンは結構残念なでき

 

まぁ、面白いですよ。面白いですけど、個人的にはあまり刺さらない一本でしたね。設定のシュールさを笑う作品だと思うので、高校生くらいからは楽しめると思います。小学生とかにはちょっと早い気もしますね。

 

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ