中部

河口湖オルゴールの森美術館の所要時間・料金・アクセス・駐車場情報

こんにちは、働くニートおにぎりパンです。

 

6月の旅行で、山梨県にある「河口湖オルゴールの森美術館」に行ってきました。

本記事では「河口湖オルゴールの森美術館」について紹介します。

本記事は以下のような方に向けて書いています。

山梨県の観光地を知りたい

オルゴールの森美術館について知りたい

オルゴールの森美術館の料金・アクセス・駐車場情報が知りたい

オルゴールの森美術館の所要時間や回り方を知りたい

それでは行ってみよう!!

河口湖オルゴールの森美術館とは?

「河口湖オルゴールの森美術館」は、山梨県にある河口湖の湖畔にあるオルゴールを専門に扱った美術館です。

富士五湖の1つに数えられる河口湖の畔にあるため、天気がいい日には園内から富士山を見ることが出来ます。

ほかにも、美術館として珍しいオルゴールを多数展示しているほか、珍しいオルゴールを鳴らしながら紹介したり、オルゴールの演奏に合わせてオペラやタップダンスを披露するショーや世界最大級の自動演奏オルガンの演奏会など様々なアトラクションを楽しむことが出来ます。

河口湖オルゴールの森美術館の見どころは?

ここでは、河口湖オルゴールの森美術館の見どころを紹介します。

一歩踏み入ればヨーロッパ!?美しく整備された園内

オルゴールの森美術館に入ってまず驚くところは、「美術館」を名乗っておきながら園内構造が完全にテーマパークな点でしょう。

しかもめちゃくちゃ綺麗な風景。

完全に外国に来たと錯覚してしまう風景が広がっています。

ヨーロッパ風のドレスも貸し出しているので、本当に物語の世界に飛び込んだような経験もできるかもしれません!

また、園内の建物もすべてヨーロッパ調で展示物のオルゴールを見る以外にも建物そのものを楽しむことが出来ます

さらに、天気が良い日にはこのヨーロッパ調の風景と日本の心、富士山を同時に楽しむことが出来ます。(私が行った日は生憎、富士山は見れませんでした)

▲天気がいい日には写真下部のパネルのように富士山が見えるそうです。ヨーロッパ調の建物と富士山のコラボレーションはここでしか楽しむことが出来ないのではないでしょうか?

 

毎日開催される様々なイベントたち

河口湖オルゴールの森美術館はオルゴールの展示だけでなく、オルゴールを活用した様々なイベントを毎日行っています

それらのイベントは非常に興味深く、何度見ても楽しむことが出来るものなのではないでしょうか。

ここではそんなイベントの一部を紹介したいと思います。

世界最大の自動演奏オルガンのオーケストラ

オルゴールの森美術館のメインコンテンツの1つ「世界最大の自動演奏オルガン」です。

なんと、オルゴールの森美術館には全長 20 m に及ぶ超巨大自動演奏オルガンがあり、日に何度か演奏会を行っています

▲この部屋すべてがオルガンの一部といっても過言ではない。正面の大きな装置はもちろん、左右の壁の上部に付いている人形たちも巨大オルガンの一部なのだ!その全長はなんと「20 m」!?

装置そのものの大きさもさることながら、演奏の音量もまさに爆音です。

そして、自動で演奏するだけでなく、演奏中はオルガンの装飾品である楽団の人形たちが動いて、演奏しているように見える演出までついているのです。

この装置を見られるのはおそらく日本ではここだけ、世界的にもかなり珍しいものなのではないでしょうか?

一見の価値は絶対にあります!

珍しい自動演奏オルゴールのコンサート

様々な自動演奏オルゴールが音色を奏でるコンサートもオルゴールの森美術館の目玉企画の1つです。

オルゴールの種類も千差万別で内蔵されている楽器が非常に豊富で、中にはバイオリンを内蔵し自動演奏するというとんでもなオルゴールまで存在します。

▲オルゴール本体上部にバイオリンが組み込まれているもの。バイオリン中央の輪(弓)が回転し、バイオリン本体が手前に倒れることで弦と弓が接触し音を奏でる。

そのほかにも映画にもなった悲劇の超豪華客船タイタニック号に積まれる予定だったオルゴールもあったりします。


▲タイタニック号に積まれる予定だった自動演奏オルゴール。本当の意味で世界に唯一無二の品。制作の遅れから、タイタニック号出発に間に合わなかったそうです。それで沈むことなく現存しているわけです。

 

この美術館のイベントは、これらのオルゴールの演奏を楽しむだけでなく、これらのオルゴールの演奏に合わせてオペラ歌手が歌ったり、タップダンサーが踊ったりする特殊な演奏会も開催されています。

オルゴールだけの演奏会も歌手やダンサーとの共演もなかなか見られるものではありませんし、本当に面白いのでぜひ見てみてください。

 

営業時間・休館日

営業時間

2019年3月1日(金)~7月19日(金):9:30~18:00(最終入館17:00)
※GW期間、4/11,4/16,5/12,7/11 を除く

2019年7月20日(土)~8月25日(日):9:00~18:00(最終入館17:00)

2019年8月26日(月)~2019年11月30日(土):9:30~18:00(最終入館17:00)

2019年12月1日(日)~: 10:00~17:30(最終入館17:00)

2020年以降の予定は公式HPをご確認ください。

休館日

2020年1月14日(火)~24日(金)・2020年2月28日(金)

 

入園料

河口湖オルゴールの森美術館は閉園間際になると入場料が安くなります。(2019年7月に一部料金が改訂されました。以下の情報は改定後のものです。)

基本入園料(9:00~15:59)

基本入園料金は以下の通りです。

大人:1500円

大高生:1100円

小人:800円

10名以上の時は団体料金が適応されます。

団体料金

大人:1200円

大高生:900円

小人:600円

また、障害者割引もあります。(障害者手帳の提示が必要です。お連れの方1名まで適応されます。)

障害者料金

大人:750円

大高生:550円

小人:400円

イブニング入館(16:00~)

大人:700円

大高生:600円

小人:500円

割引クーポン

河口湖オルゴールの森美術館には見せるだけの割引クーポンがあります。

せっかく行くならお得に入るためにも必ず使いましょう。

クーポンは以下のリンクからアクセスできます。

河口湖オルゴールの森美術館100円引きクーポン

アクセス・駐車場

河口湖オルゴールの森美術館へのアクセス情報と駐車場情報を記載します。

アクセス

公共交通

電車

新宿駅 (JR中央本線:特急利用で約60分)- 大月駅 -(富士急行線:60分)- 河口湖駅

河口湖駅から
・タクシーで約16分≪約¥2,000-≫
・ 河口湖周遊レトロバスにて約26分≪¥380-≫ - オルゴールの森美術館前降車
・ 当館の送迎バスで約15分≪無料!ただし片道のみ。10:35頃、11:40頃の2回のみ

周遊レトロバス
河口湖駅の1番のりばから、「河口湖周遊」のレトロバスに乗車(レトロバスは複数ありますので、お間違えのないようご注意ください。)

・河口湖ICから15分
・一宮御坂ICから40分
・富士ICから70分
・御殿場ICから60分

駐車場

道路を挟んだ向かい側に収容台数300台の大型無料駐車場があります。

基本情報

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20

定休日:2020年1月14日(火)~24日(金)・2020年2月28日(金)

営業時間:営業時間項を参照

入園料:入園料項を参照

アクセス:アクセス項を参照

駐車場:300台駐車可能な無料駐車場あり

所要時間:3時間

HP:河口湖オルゴールの森美術館公式HP

おすすめの季節
年中おすすめですが、バラの季節には西洋風の庭がバラで彩られる「バラフェスタ」が開催されます。

まとめ

河口湖オルゴールの森美術館についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

私は安くなる16時に入園したのですが、思いのほか楽しく、閉園の18時まで時間いっぱいいても時間が足りませんでした。

本当に面白いものがたくさん見られますし、珍しい展示品やイベントも多数揃っているので、富士山周辺に来た際にはぜひとも立ち寄りたいスポットです。

 

ではでは~ノシ

 

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ