一人旅

第1回一人旅のすゝめ|一人旅のメリット・デメリット

こんにちは、おにぎりパンです。

 

唐突ですが皆さん旅行好きですか?

私はプロフィールにも書いているように旅行が趣味なんですが、結構一人で旅行に出かけます。

「べ、別に友達がいないわけじゃないんだからね・・・」

 

すみません嘘です。

私は嘘をつきました(´;ω;`)

 

大学院博士課程後期まで来ると仲の良かった人はみな就職で大学を離れてしまっているので、なかなか知った人と旅行とはいかないんですね。

でも、一人旅って行ってみると結構楽しいんですよ。

世の中には漠然と一人旅ってものに憧れを持っている人も意外と多いんじゃないでしょうか?

ここでは一人旅初心者に向けて一人旅のメリット・デメリットを紹介したと思います。

 

一人旅のメリット

旅程から予算まですべてが自由

一人旅の最大のメリットであり魅力といえばその自由度の高さでしょう。

他人との予定のすり合わせなんて必要ない!!(一人だからね)

旅行の予算は自分の財布とだけ相談!!(一人だからね)

旅行期間だって自分の都合で変更可能!!(一人だからね)

行きたい場所も全部自分本位で決められる!!(一人だからね)

観光地の滞在時間だって自由!!(一人だからね)

お宿のグレードも自分が満足するところで大丈夫!!(一人だからね)

なんなら漫画喫茶やネットカフェ、最悪野宿でも文句言われない(一人だからね)

※野宿は場所によって法的にグレーな場合が多々あるので、職質とかは覚悟しておいたほうがいいです。あと、周囲に迷惑をかけるような行為は厳禁です。最低限のマナーを守ってください。

どんな過酷な旅程を組んでも、旅行がどんなにダレても文句言われない!!(一人だからね)

 

計画を立ててから実行の速さがめちゃくちゃ早い

決めてから実行がめちゃくちゃ早いのが一人旅です。

『思い立ったが吉日』とはよく言ったもので、私の場合は連休前の夜や連休初日の朝に急に思い立って出発したりします。

友人との連絡とかいらないですからね。

思い立ってからはべらぼうに早いですよ。

車に数日分の着替えと寝具さえ積んでしまえば出発できますから。(私は車で車中泊がデフォルトのスタイルです)

思い立って15分後には出発してますよ。

予定も何も決めずに出てもいいんです。

自分だけの時間なんですから、自分の好きなように使いましょう。

 

いろんな出会いがある

一人旅していてこれはつくづく感じます。

「私って人見知りだから」なんて思っている人も一人旅に行ってみてください。

周囲には自分のことを知っている人なんて誰もいないし、今後、日常的につき会うことになる人なんていません

「俺こんなに社交的だったかな?」って思うくらい積極的になれますよ。

あと、一人で観光をしていると結構「写真撮って」って言われます。

ノリのいいひとなら「兄ちゃんの写真も撮っちゃるけん」って言って写真撮ってくれます。

素直に旅の記録を撮ってもらうといいでしょう。

他にも道の駅で声をかけられたり、ヒッチハイクしている人を乗せてみたりと、『旅は道連れ』とはよく言ったもので意外と出会いが多いです。

特に道の駅やヒッチハイクで知り合う人は旅行好きが多いので、共通の話題で盛り上がれます。

近場のおすすめスポットの情報を共有したり、これまで言った場所の話とかね。

出会いは『一期一会』もう会うこともないんだから楽しく話しましょう。

 

自分と向き合う時間が生まれる

これも往々にしてあります。

日常をせわしなく過ごしていると自分自身を見つめることって意外とないんですよね。

一人旅に出るたびにこれは痛感します。

「俺って何がしたくて大学院に進学したんだっけ?」「将来どうしよう」「死ぬまでにこれはやりたいなぁ」とか、、、

時には気分が沈むこともありますが、何か新しいことをやりたくなることも多いです。

忙しい現代人の病気ですね。

そんな病気に『一人旅』お勧めです。

 

一人旅のデメリット

旅のことはすべて自己責任

旅行が成功しようが失敗しようがそれは自己責任です。

私の場合は車での旅が多いのであまり時間を気にすることはないのですが、電車となると時間には厳しくいきたいところですね。

田舎の電車は2時間に1本とか当たり前にありますからね。

電車に乗り遅れたり、荷物を盗まれたり、その辺の失敗やトラブルも全部自己責任。(一人だからね)

でも、これはデメリットに見えてみようによってはメリットでもあると思います。

失敗談の一つでもあったほうが思い出になりますし、話の種にもなります。

『旅の恥は搔き捨て』ですから、いっぱい失敗して一年後に笑い話としてみんなに面白おかしく話せばいいんです。

ただし、海外旅行に行くときは最低限の準備はしてください。

最悪命を取られかねません。

日本語が通じるのは日本だけです。

外国に行って日本語がわかる人なんてほとんどいません。

トラブルにあっても意思の疎通が困難なら泣き寝入りするしかないことも往々にしてあります。

自分の身は自分で守らなければならないのが一人旅です。(私もアメリカでキャリーバッグを丸々盗まれました)

外国に行くときには最低限以下のことはやっておいたほうがいいです。

・宿の確保
・交通手段の確認(確保)
・言語と習慣・文化の違い
・行きたいところのチェック

言葉が通じないだけでトラブルの解決は困難になります。

まずはトラブルを起こさない準備をしましょう。(とはいってもいざトラブルに遭遇すると笑い話ができたとも思っちゃうんですけどね)

逆に言えば、国内の場合は大体何とかなるので適当で大丈夫です。

困ったら周囲の知らない人を頼ればいいのです。

結構助けてくれますよ。

 

孤独感

一人旅をしているとホームシックになる人もいます。

幸い私はなったことがないのですが、人によっては一人というものに耐えられないということもありますから。

そこはやはり向き不向きがあります。

向いてない人はどうしようもないと思います。

とはいえ、最近では携帯電を持つのが当たり前になり、日本国内なら山の中にでも入らなければ大体電波は入ります。

電波が入れば電話でもメールでもLINEでもSNSでも、その場にいない人と繋がれて簡単に感動を共有できます。

ですから、この点に関してはそんなに心配しなくてもいいんじゃないかと思います。

 

まとめ

ここまで一人旅のメリット・デメリットについてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

少しでも『一人旅』というものに興味を持っていただければ嬉しく思います。

何事も体験してみましょう。

興味を持ったなら『一人旅』計画立ててすぐに行っちゃてください。

 

私の一人旅の経験も書いてます。興味あればどうぞ

【18’11/9(金)-11/11(日)】一人東北旅行記|その① 11/9(金)
その②
その③
その④
東北一人旅まとめ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ