2019年公開映画

【洋画・邦画・アニメ】2019年おすすめ映画55本【メジャーからマイナーまで】

こんにちは、おにぎりパンです。

すごい、いまさらですが、私が見た2019年のおすすめ映画についてまとめます。(この記事を書いているのが2020年の4月末です(笑))

 

さて、皆さんは2019年に映画館で映画を何本見ましたか?

 

2017年の統計データでは、1年間に日本人が映画館で映画を見る平均回数は1.4本だそうです。(Film Exhibition Yearbook |2018 より)

ちなみに、私は今年100本以上の映画館で映画を見ることができました。

ということで、本記事では年間、新作映画を100本以上見るそこそこな映画好きを自称する私、おにぎりパンが2019年に日本で公開された面白い映画を紹介するというものになります。

こんな方はぜひ読んでいってください。

・なにか映画を見たいけど何を見ていいかわからない

・ネットで紹介されてる面白い映画は大体見つくしちゃった

・ネットでおすすめされる映画は古すぎてみる気にならない

 

それでは行ってみよう!!

 

~目次~

本記事の目的

本記事では私が見た2019年日本公開映画の中で特に面白かった作品を紹介します

そもそもなぜこのような記事を書こうと思ったかというと、「おすすめ映画に関するブログ記事」は数多くありますが、どうしても古い作品が多く、最近の映画はあまり入っていないと常々感じていました。

私自身、古い映画ももちろん好きなのですが、昨今は映像技術が革新的に向上しているため、最近の映画作品に慣れている方の中には古い作品に対して、多少なりとも抵抗を感じてしまう人がいるのではないかと思っています。(私も、新しいものと古いものを勧められたら新しいものを見ると思います)

そこで、新しい映画だけで作られたランキングやリストというものも、ある程度の需要があるのではないかと考えたわけですね。

私は、この記事を通して、10代20代の若い世代にもっと映画の良さを知ってもらい、映画産業にお金を落としてもらいたいと思っています(要は映画館で最新映画を見てほしいということです)。

※この記事のランキングはあくまでも私の主観ですので、自分の好きな作品が入ってなかったり、世間一般に「クソ映画」と揶揄される作品が入っていることもあるかもしれません。

 

私が今年見た映画

さて、まず初めに、私が今年見た映画を書き出してみます。

次項の2019年おすすめ映画は、私が見た作品から選ばれるので、以下のリストから厳選されてくることになります。

つまり、世間的にどんなに評価の高い作品であっても、私が見ていない作品は次項目では紹介されることはありませんのであしからず。

ちなみに、リストは私が見た作品ですので、DVDやストリーミングサービスで見たものも含まれています。

順番は名列順です。

 

2019年公開見た映画一覧

アイリッシュマン
アクアマン
アド・アストラ
アナと雪の女王2
アベンジャーズ/エンドゲーム
アメリカン・アニマルズ
アラジン
アリータ: バトル・エンジェル
アルキメデスの大戦
イエスタデイ
IT / イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
移動都市 モータル・エンジン
居眠り磐音
映画 賭ケグルイ
映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし
映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
えいがのおそ松さん
映画ひつじのショーン UFOフィーバー!
X-MEN: ダーク・フェニックス
エンド・オブ・ステイツ
海獣の子供
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
風をつかまえた少年
カツベン!
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
記憶にございません!
きみと、波にのれたら
キャプテン・マーベル
今日も嫌がらせ弁当
キングダム
空母いぶき
クリード 炎の宿敵
グリーンブック
劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜
劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉
劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
劇場版 幼女戦記
決算!忠臣蔵
幸福路のチー
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説
コンフィデンスマンJP
コードギアス 復活のルルーシュ
最高の人生の見つけ方
PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian
PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__
冴えない彼女の育てかた Fine
THE GUILTY/ギルティ
貞子
ザ・ファブル
ジェミニマン
屍人荘の殺人
シティハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
シャザム!
ジュマンジ ネクスト・レベル
ジョーカー
ジョン・ウィック:パラベラム
シンプル・フェイバー
新聞記者
スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け
スノー・ロワイヤル
スパイダーマン: スパイダーバース
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
スペシャルアクターズ
空の青さを知る人よ
ゾンビランド:ダブルタップ
Diner ダイナー
ダンスウィズミー
ダンボ
ターミネーター:ニュー・フェイト
小さな恋のうた
天気の子
天才作家の妻 40年目の真実
T34 レジェンド・オブ・ウォー
トイ・ストーリー4
東京喰種 トーキョーグール【S】
ドクター・スリープ
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
翔んで埼玉
凪待ち
七つの会議
二ノ国
任侠学園
人間失格 太宰治と3人の女たち
HiGH&LOW THE WORST
運び屋
ハッピー・デス・デイ
ハッピー・デス・デイ U2
パピヨン
パリ、嘘つきな恋
バンブルビー
HELLO WORLD
ハンターキラー 潜航せよ
ヒキタさん! ご懐妊ですよ
ヒックとドラゴン 聖地への冒険
引っ越し大名!
ひとよ
ファースト・マン
Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム
Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly
ブライトバーン/恐怖の拡散者
ブラック・クランズマン
フリーソロ
プロメア
ホテル・ムンバイ
僕のワンダフル・ジャーニー
町田くんの世界
マリッジ・ストーリー
マレフィセント2
見えない目撃者
蜜蜂と遠雷
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
名探偵ピカチュウ
メン・イン・ブラック:インターナショナル
ライオン・キング
ライリー・ノース -復讐の女神-
ルパン三世 THE FIRST
ロケットマン
ワイルド・スピード/スーパーコンボ 
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

 

2019年(日本公開)おすすめ映画ランキング

とうとうランキング発表です!

洋画(国外の映画)、邦画(国内の映画)、アニメと3部門に分けて書いていきます。

それでは行ってみよう!!

洋画編

1. アラジン

続きを読む
あらすじ

生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。

コメント

もう説明不要な作品ですね。アラビアンナイトを原作としたディズニーアニメーションの名作「アラジン」を実写映画化した作品です。最近のディズニーは過去の名作の実写化に、かなり力を入れていますが、本作もその力の入れようは尋常じゃないです。映像効果はもちろんのこと、ディズニー作品屈指の名曲の数々を楽しむことができます間違いなく2019年の覇権映画だと思います。文句のつけようがないです。また、日本語吹き替え版のジーニーの声を、アニメ「アラジン」のジーニーと同じ、山寺宏一さんが務めました。字幕も吹き替えも素晴らしい作品です。個人的には字幕を気にせずに映像効果を楽しめる吹き替え版をおすすめしておきます。本作とあわせてエマ・ワトソンが主演をしたことで有名な2017公開の「美女と野獣」もぜひ見てほしいです。

 

ディズニー作品をオンラインで見るならDISNY DELUXEへ登録!(31日間の無料トライアルもありまぁす!!

 

 

2. ハンターキラー 潜航せよ

続きを読む
あらすじ

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が消息を絶ち、捜索に向かったジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜「ハンターキラー」は、現場付近に沈んでいたロシア原潜の生存者を捕虜にする。同じ頃、ロシア国内で世界を揺るがす陰謀が企てられていることが判明。ハンターキラーに陰謀阻止のための過酷なミッションが下される。その任務を達成するには、絶対不可侵のロシア海域へ潜航せねばならず……。

コメント

この作品を劇場で見たという方は少ないのではないでしょうか?正直、私もあまり期待せずに見に行ったのですが、速攻で引き込まれました。序盤から終盤までクライマックスのようなハラハラドキドキ展開に、国境を越えた男たちの友情熱い!熱すぎるぜ!!なぜアメリカでは興行でこけたのか理解できません。頭の悪いアクション映画が見たいなら、まずこの一本をどうぞ!!

 

 

 

3. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

続きを読む
あらすじ

夏休みに学校の研修旅行でヨーロッパへ行くことになったピーターは、旅行中に思いを寄せるMJに告白しようと計画していた。最初の目的地であるベネチアに着いたピーターたちは水の都を満喫するが、そこに水を操るモンスターが出現。街は大混乱に陥るが、突如現れた謎のヒーロー、ミステリオが人々の危機を救う。さらに、ピーターの前には元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れ、ピーターをミステリオことベックに引き合わせる。ベックは、自分の世界を滅ぼした「エレメンタルズ」と呼ばれる自然の力を操る存在が、ピーターたちの世界にも現れたことを告げる。

コメント

2019年公開のMCU作品の一本です。正直、世間一般的には同年公開の「アベンジャーズ / エンドゲーム」のほうが評価は高いのではないかと思います。しかし、私の個人的な好みでは、こちらの方が高評価なんです(というか、なんだかんだでスパイダーマンが好きなんですよね)。さて、MCUのフェーズ3を締めくくる本作ですが、やはり「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」という作品単体で見るよりも、「アベンジャーズシリーズ」として見る方が何十倍も楽しめる作品となっています。そういう意味では少し敷居の高い作品ではありますが、それだけ時間をかける価値のある作品群なので、これを機にアベンジャーズシリーズを履修してみるのはいかがでしょうか?

 

本作は「アベンジャーズ」シリーズを手掛ける「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」のスパイダーマンです。つまり、2008年の「アイアンマン」から始まる「アベンジャーズシリーズ」の23作目にあたる作品であり、MCUスパイダーマンとしては2作目にあたります。時系列としては「アベンジャーズ / エンドゲーム」の後の世界となるため、本作だけを見ると話が分かりにくいほか、他作品の(特に「アベンジャーズ / エンドゲーム」)のネタバレを盛大に喰らうことになります。ご注意ください。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品をオンラインで見るならDISNY DELUXEへ登録!(31日間の無料トライアルもありまぁす!!

 

 

4. エンド・オブ・ステイツ

続きを読む
あらすじ

世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていた。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くため奔走するが……。

コメント

ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ」シリーズ3作目です。主演のジェラルド・バトラーは本ランキングで2位の「ハンターキラー 潜航せよ」でも主演を務めています。シリーズ3作目ではありますが、本作からでも十分に楽しめると思います。また、シリーズ1作目「エンド・オブ・ホワイトハウス」、シリーズ2作目の「エンド・オブ・キングダム」も秀逸な作品なので、ぜひ併せて観てほしいです。「ハンターキラー 潜航せよ」と併せて、頭の悪いアクション映画を見たいならこの一本で間違いなしです!!

 

 

 

5. アベンジャーズ/エンドゲーム

続きを読む
あらすじ

前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む姿を描く。「インフィニティ・ウォー」では姿を見せなかったホークアイ、アントマンといったヒーローも登場し、新たにキャプテン・マーベルも参戦。

コメント

2008年公開の「アイアンマン」から実に11年、MCUの集大成としてふさわしい作品でしょう。マーベルコミックスの様々な作品を混ぜ合わせたマルチバースという考え方、映像技術に映像効果、音楽、カメラワーク、現代の最高技術の結晶と言っていいでしょう。MCUの中核であり、「アベンジャーズ」シリーズで2本の柱として活躍してきたトニー・スターク(アイアンマン)とスティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)の雄姿をその目で見てほしいです。こちらもMCUスパイダーマンと同じく、シリーズもので言わば最終回に位置付けていいような作品なので、本作を見る前にアベンジャーズシリーズを履修しておいた方が絶対に楽しめる一作です。これを機にアベンジャーズシリーズに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

本作は「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」が手掛ける「アベンジャーズ」シリーズの22作目にあたる作品であり、「アベンジャーズ」としては4作目にあたります。本作を見るにあたって、本当に最低限前作のアベンジャーズである「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を見てないと、最初から意味不明な展開となりますのでご注意ください。そして、可能なら、MCUシリーズを順に見て行ってのご鑑賞を推奨します。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品をオンラインで見るならDISNY DELUXEへ登録!(31日間の無料トライアルもありまぁす!!

 

 

6. ジョン・ウィック:パラベラム

続きを読む
あらすじ

前作で怒りのあまりに、一流殺し屋が集う「コンチネンタルホテル」の掟である「ホテル内で殺しはおこなってはいけない」を破ってしまったジョン。聖域から追放された彼を待っていたのは、組織による粛清の包囲網だった。刺客たちがさまざまな殺しのスキルを駆使し、賞金首となったジョンに襲いかかる。傷だらけとなったジョンは、かつて「血の契約」を交わしたソフィアに協力を求め、カサブランカへと飛ぶが……。

コメント

キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋を演じる「ジョン・ウィック」シリーズの3作目です。キアヌ自身が高いドライビングテクニックやガンテクニックを有しているためにできる、斬新なアクション要素は本当に見ものです。シリーズ1作目から順に視聴することをおすすめします。

 

 

 

7. マリッジ・ストーリー

続きを読む
あらすじ

女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。結婚生活がうまくいかなくなり、円満な協議離婚を望んでいた2人だったが、それまで溜め込んでいた積年の怒りがあらわになり、弁護士をたてて争うことになってしまう。

コメント

MCUの「ブラック・ウィドウ」を演じるスカーレット・ヨハンソンと、スター・ウォーズで「カイロ・レン」を演じるアダム・ドライバー主演のNetflixオリジナル映画です。ストーリーは主演の2人がただ離婚をするというだけの話なのですが、そこで出てくるアメリカの弁護士と法律が本当に面白い。たったこれだけの内容をこれだけ面白くできるのは本当にすごいと思った一本です。Netflixオリジナル映画なので、公開規模はあまり大きくはありませんでしたが、2020年のアカデミー賞(オスカー)で作品賞のほか主演男優賞、主演女優賞、脚本賞など計6部門でノミネートされた間違いのない作品です。前半の1/3は少し退屈に感じるかもしれませんが、後半の2/3はあっという間に時間が過ぎ、切なすぎる最後に満足度は非常に高い作品でした。

 

Netflixオリジナル作品を見るならNetflixに登録しよう!(※Netflixの無料トライアルは2019年12月に終了しました)

 

 

8. ジョーカー

続きを読む
あらすじ

「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。

コメント

バッドマンの悪役として非常に高い知名度を誇るジョーカーの誕生秘話を描いた本作。私の中では、ジョーカー=ヒース・レジャー(ダークナイトのジョーカー)が定着しきっていたのですが、ホアキン・フェニックスのジョーカーはヒース・レジャーと同等か超えましたね。アメリカでは社会現象となり、社会的弱者(作中のアーサー・フレック / ジョーカー)が感化されて本当に暴動を起こすのではないかと、映画館に警察が常駐する事態にまでなった作品です。2020年のアカデミー賞(オスカー)では作品賞など11部門にノミネートされ、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスが主演男優賞を受賞しました。ヴィランが生まれるまでを描いた作品ですから、暗い気持ちになる作品ではありますが、それ考慮しても不気味でありながら、悲しい狂気を抱いていくホアキン・フェニックスの演技は本当に見ものです。ぜひ見てみてください。

 

 

 

9. ワイルド・スピード/スーパーコンボ

続きを読む
あらすじ

「ワイルド・スピード MEGA MAX」で初登場して以降、シリーズの顔となったドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと、「ワイルド・スピード EURO MISSION」からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがタッグを組んで挑む戦いを描く。かつては敵同士で何もかも正反対のホブスとショウが、いがみあいながらも、目の前に立ちふさがる謎の強敵ブリクストンに挑んでいく。

コメント

頭の悪いアクション映画枠です。ワイルドスピードは安定して面白いですね。本作はスピンオフというポジションの作品ではありますが、それでもクオリティは本家ワイルドスピードに引けを取らない圧倒的なカーアクションを楽しむことができます。ワイルドスピードとしては通算9作目の作品ではありますが、本作だけでも十分に楽しむことができると思います(そこが頭の悪いアクション映画のいいところです)。また、昨今増えてきている、アメリカの大人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ネタを大量に投下してくる作品でもあります。これを機に「ゲーム・オブ・スローンズ」にも手を出してみるのもいいのではないでしょうか?

「ゲーム・オブ・スローンズ」を全シーズン見られるのは Hulu だけ!!

 

 

 

 

10. シャザム!

続きを読む
あらすじ

身寄りがなく里親のもとを転々としてきた少年ビリーはある日、謎の魔術師からスーパーパワーを与えられ、「S=ソロモンの知力」「H=ヘラクラスの強さ」「A=アトラスのスタミナ」「Z=ゼウスのパワー」「A=アキレスの勇気」「M=マーキューリーの飛行力」という6つの力をあわせもつヒーロー「シャザム(SHAZAM)」に変身できるようになる。筋骨隆々で稲妻を発することができるが、外見は中年のシャザムに変身したビリーは、ヒーローオタクの悪友フレディと一緒にスーパーマン顔負けの力をあちこちで試してまわり、悪ノリ全開で遊んでいた。しかし、そんなビリーの前に、魔法の力を狙う科学者Dr.シヴァナが現れ、フレディの身に危険が及んでしまう。遊んでいる場合ではないと気付いたビリーは、ヒーローらしく戦うことを決意するが……。

コメント

2大アメコミ誌の一誌、DCコミックスのヒーロー「シャザム」の映画化です。スーパーヒーローはアメリカのシンボルとして描かれてきた歴史があり、その影響も相まって清廉潔白の好青年として描かれることが多かった(スパーマン、キャプテンアメリカなど)わけですが、本作のスーパーヒーローは子供です。本当にどこにでもいる子供がとんでもないパワーを手にしてしまいましたと言った話で、こんなバカでしょうもないヒーローは他では見たことないかもしれません。最後のヴィランに対抗する手段も、ヒーローものとしてはかなり掟破りな手法を使っており、終始爆笑しながら映画を見てました。楽しい気分になれるおすすめの一作です。

 

 

 

11. グリーンブック

続きを読む
あらすじ

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

コメント

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストと黒人が大っ嫌いなイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を描いたヒューマンドラマです。実話をベースとして描かれており、2019年のアカデミー賞(オスカー)では、主要5部門すべてにノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を獲得した間違いのない作品です。白人は “人間” であり、黒人は “猿” であるという白人たちの人種差別意識とは対照的な白人トニーと黒人ドクター・シャーリーの在り方、トニーの心境変化が見事に描かれている素晴らしい作品です。ちなみに、タイトルの「グリーンブック」とは、黒人用ホテルを紹介する冊子のことで、このタイトルからもアメリカの人種差別がいかに苛烈なものなのかが窺えます。また、奇しくも同じ1960年頃の黒人人種差別を題材にした「ドリーム(2016)」も必見の一作ですので、併せてお楽しみください。

 

 

 

12. THE GUILTY/ギルティ

続きを読む
あらすじ

過去のある事件をきっかけに警察官として一線を退いたアスガーは、いまは緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故の搬送を遠隔手配するなど、電話越しに小さな事件に応対する日々を送っている。そんなある日、アスガーは、今まさに誘拐されているという女性からの通報を受ける。車の発進音や女性の声、そして犯人の息づかいなど、電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、アスガーは事件に対処しなければならず……。

コメント

主人公の警察官が誘拐事件を解決させるというお話なのですが、主人公のアスガーは夜勤の電話番(日本でいうところの110番で繋がる人)というポジションで、その設定どおり、絵面は基本的には電話を受ける部屋の中のみで構成されており、事件の概要や推移が電話による音声でしかわからないという、かなり特徴的な造りとなっている作品です。電話音声という限られた情報から徐々に明らかになっていく事件の真相と、アドガーの過去、題名となっている “THE GUILTY(有罪)” の意味するところとは?その目で確かめてみてください!!デンマークで作られた90分程度の低予算映画なのですが、その満足度は潤沢な予算のあるハリウッド映画に引けを取らないものとなっているので、ぜひ見てみてください。

 

 

 

13. ブラック・クランズマン

続きを読む
あらすじ

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」のメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。

コメント

グリーンブックと同じく黒人差別を描いた作品ですが、こちらはコメディ色が強めの作品となってます。とはいえ、アメリカの黒人差別という重たい題材を扱っているので、なかなか心に来るシーンも多数入っています。また、本作も史実をもとに作られており、2019年のアカデミー賞(オスカー)では作品、監督賞など6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞しました。奇しくも「ブラック・クランズマン」と「グリーンブック」というアメリカの黒人差別問題を扱った2作が同年に公開され、同じオスカーの舞台で表彰されるという運命的な作品でもあると思います。同じく黒人差別問題を扱った「グリーンブック」と2016年公開の「ドリーム」と併せて楽しんでいただきたい一作です。

 

 

 

14. ハッピー・デス・デイ

続きを読む
あらすじ

イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、夜になってパーティに繰り出す道すがら、マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが……。

コメント

アメリカで2017年に公開されたホラー映画です。日本では続編の「ハッピー・デス・デイ U2」に併せて公開となりました。ジャンルとしてはホラーとされていますが、主人公ツリーがとても前向きで、死ぬことを前提に行動するという掟破りを行うので、またっく怖くない作品です。むしろ笑えるポイントのほうが多いくらいだと思います。かなり新感覚なホラー映画なので、「ホラーは苦手」という方も食わず嫌いせずにぜひ見てみてください。また、続編の「ハッピー・デス・デイ U2」もやはり怖くないので、「ハッピー・デス・デイ」を見て気に入った方はぜひ一緒にどうぞ

 

 

 

15. ハッピー・デス・デイ U2

続きを読む(※「ハッピー・デス・デイ」のネタバレを含みます)
あらすじ

誕生日の繰り返しから抜け出して翌日を迎えたツリーは、恋人のカーターと充実した生活を送ろうとしていた。しかし、今度はカーターのルームメイトのライアンがタイムループに巻き込まれ、謎の殺人鬼に狙われてしまう。やがて、すべての原因が、ある研究に関係していることに気づいた3人だったが、そこで再びツリーの身にもタイムループが起こり、またしても誕生日の朝に戻ってしまう。ところが、そこは元の世界と微妙に異なったパラレルワールドで……。

コメント

「ハッピー・デス・デイ」の続編です。時系列的には「ハッピー・デス・デイ」の直後からとなります。やってることは基本的に前作と同じなので、「ハングオーバー!」に対する「ハングオーバー!!2」くらいの感覚で見ることをおすすめします。本作もやっぱり怖くないです。ホラーというよりコメディ作品なので、「ホラーが苦手」という方も挑戦してみてください。きっと気に入ると思います。

 

 

 

16. ゾンビランド:ダブルタップ

続きを読む
あらすじ

爆発的なウィルス感染によって地球上の人類がゾンビと化したなか、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックの4人は、コロンバスが作り上げたルールに従い、10年にわたってゾンビ社会を生き抜いていた。そして2019年、地球上のゾンビたちが、パワーもスピードもレベルアップした新種へと進化。そのほかの生存者を仲間に加えたコロンバスたちは、ルールさえ守れば何でもありな状態で、ゾンビたちをなぎ倒していくが……。

コメント

日本で2010年に公開されたゾンビコメディ映画「ゾンビランド」の続編。こちらも、ゾンビと銘打っておきながら基本的には怖くないコメディ映画となっています。多分前作を押さえていなくても十分に楽しめるのではないかと思います。とはいえ、前作から引き継いでいるネタも多数あるので、前作「ゾンビランド」を先に見るとさらに楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

17. シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

続きを読む
あらすじ

ボディガードや探偵を請け負う凄腕のスイーパー(始末屋)=「シティーハンター」ことリョウは、相棒のカオリとともに日々さまざま依頼を請け負っていた。そんな2人のもとにある日、その香りをかいだ者を虜にする「キューピッドの香水」の奪回という危険な任務が持ち込まれる。香水が悪用されれば世界は危機に陥ることは必至で、48時間というタイムリミットのなか、2人は香水を取り戻すために奔走する。

コメント

日本で1980年代にアニメ化され根強い人気を誇る人気コミック「シティーハンター」のフランス実写版。私もキッズステーションやAnimaxで見ていた大好きな作品です。明らかな地雷臭のする本作ですが、製作者たちが本当に「シティーハンター」という作品が好きなのが伝わってくるくらいに、しっかりシティーハンターをやっています。アニメ「シティーハンター」を知らない方はあまりピンとこない作品かもしれませんが、アニメ「シティーハンター」を見ていた人なら、必見の一作です。また、日本語吹き替え版はリョウ役を山寺宏一さんが、カオリ役を沢城みゆきさんが声を当てていますが、アニメオリジナルキャストの神谷明さん、伊倉一恵さんもスペシャルゲストとして登場しており、アニメファンにはたまらない一作となっています。

 

 

 

18. 僕のワンダフル・ジャーニー

続きを読む
あらすじ

前作で50年で3度生まれ変わり、最愛の飼い主イーサンとの再会を果たした犬のベイリーがたどる、さらなる生まれ変わりの旅路を描く。イーサンと再会したベイリーは、イーサンと彼の妻ハンナらとともに農場で幸せな日々を送っていた。しかし、ある時、イーサンの孫娘CJが、母親のグロリアに連れられて農場を出て行ってしまう。悲しむイーサンとハンナの姿を見たベイリーは、次の生まれ変わりでCJを見つけ出し、どんな犠牲を払っても彼女を守ることを誓う。

コメント

2017年に日本で公開された「僕のワンダフル・ライフ」の続編。人間と犬という長年にわたって共同生活を送ってきたパートナーの寿命差という超えられない壁を、転生という形で超えて描いた前作「僕のワンダフル・ライフ」が好きすぎるので、本作も文句なしで大好きです。もう本作に説明は不要です。前作「僕のワンダフル・ライフ」と併せて見てください

 

 

 

19. ホテル・ムンバイ

続きを読む
あらすじ

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を映画化。2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠された。宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇が描かれる。

コメント

こちらの作品はオーストラリア・アメリカ・インドの合作で、舞台こそインドですが純粋なインド映画ではないので、唐突に歌って踊る描写はありません。さて、公開規模も決して大きくはない本作ですが、史実をもとにしているだけに本当にリアルです。日本で生まれ育った人には理解しにくい宗教観をうまく各所にちりばめており、日本では絶対に作れない作品だと思います。また、日本人も持っている、そういった現地宗教への理解のなさと宗教への理解を実に見事に織り交ぜた傑作です。本当に胸が熱くなる作品なのでぜひ見てみてください。

 

 

 

20. フリーソロ

続きを読む
あらすじ

ロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登る「フリーソロ」と呼ばれるクライミングスタイルで世界的に知られるクライマー、アレックス・オノルドの緊迫感あふれるクライミングに密着したドキュメンタリー。ナショナル・ジオグラフィック誌の表紙を飾るなど、世界で著名なクライマーの1人として活躍するアレックス・オノルドには、1つの夢があった。それは、世界屈指の危険な断崖絶壁であり、これまで誰もフリーソロで登りきった者はいない、米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この前人未到のフリーソロのために幾度の失敗と練習を重ねてきたオノルドは、2017年6月3日、ついにエル・キャピタンへの挑戦を開始する。

コメント

映画としては珍しいドキュメンタリー作品です。私自身あまりドキュメンタリーは見ないのですが、なんとなしに見てみたらすぐに引き込まれましたね。この手に汗握る作品は作り物ではなくリアルで、何度失敗を重ねてもあきらめずに挑戦し続け、失敗の許されない本番へ向けてひたむきに努力し続けるアレックス・オノルドの姿にこみあげるものがあるはずです。何か新しいことを始めようとしている人や、何かに挑戦している人はぜひこの作品を見てみてください。きっと背中を押してもらえることでしょう。

 

 

 

21. イエスタデイ

続きを読む
あらすじ

イギリスの小さな海辺の町で暮らすシンガーソングライターのジャックは、幼なじみの親友エリーから献身的に支えられているものの全く売れず、音楽で有名になる夢を諦めかけていた。そんなある日、世界規模の瞬間的な停電が発生し、ジャックは交通事故で昏睡状態に陥ってしまう。目を覚ますとそこは、史上最も有名なはずのバンド「ザ・ビートルズ」が存在しない世界になっていた。彼らの名曲を覚えているのは世界でただひとり、ジャックだけで……。

コメント

「もしも世界にザ・ビートルズがいなかったら」そんなもしもを描いたコメディドラマです。そんな世界での主人公成り上がりドラマ化と思いきりゃ、いかにビートルズが世界で愛されているかがわかるハートウォーミングなドラマだったりもします。正直、現在のミュージシャンでビートルズの影響をかけらも受けていないという人は存在しないと思うので、もし仮にビートルズがいない世界というものがあったなら、もっと音楽や業界の体系自体も現在と違っていてもおかしくないのではないか?などと思ったりもしましたが、そういったツッコミどころを考慮しても面白い作品なのは間違いないので、ぜひ見てみてください。

 

 

 

22. クリード 炎の宿敵

続きを読む
あらすじ

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。

コメント

大人気のボクシング映画「ロッキー」シリーズのライバルである「アポロ・クリード」の息子を主人公として新章を描いた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編です。前作も圧倒的な面白さを誇っていましたが、今作も滅茶苦茶面白いです。対戦相手は親父の仇の息子、一度は打ちのめされるがそこからの再起、熱い戦い。男の子の大好きな要素がたんまり詰め込まれています男子諸君は必修の一作です。ちなみに、私はロッキーシリーズは全く知りませんが、本作、前作と「クリードシリーズ」は大好きなので、ロッキー未履修組もロッキー世代のファンもみんな、クリードを見ましょう。

 

 

 

23. T34 レジェンド・オブ・ウォー

続きを読む
あらすじ

第2次世界大戦時、ナチスの捕虜になったソ連兵が、たった4人の味方と一台の戦車で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション。第2次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出た前線の戦いで敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍は、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる。しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うことしかできない。確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立て、実行に移す。

コメント

本作はハチャメチャな設定かと思いきりゃ、脚色はありますが実話をもとにして作られているお話らしいです。こりゃ驚きだぁ。さて、本作の魅力は何といっても本物のT-34を使ったド迫力の戦車戦に他ならないでしょう。この作品はぜひとも劇場の大画面とド迫力の音響で楽しんでほしかった。ちなみに、同じ実話をもとにした「鬼戦車T-34」という作品もありますが、元ネタ被りであり、決してリメイクではないそうです。

 

 

 

24. ブライトバーン/恐怖の拡散者

続きを読む
あらすじ

母親になる夢を抱いているものの、なかなか子どもができずに悩んでいたトーリのもとに、ある時、謎めいた赤ちゃんがやってくる。赤ちゃんはブランドンと名づけられ、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもへと成長。トーリと夫カイルにとっても、かけがえのない存在になっていく。しかし、12歳になったブランドンは、普通の人にはない異常な力を発揮し始め、やがて米カンザス州ブライトバーンの町をかつてない恐怖に陥れていく。

コメント

SF、ホラー、サスペンス、ドラマなどを混ぜ合わせた作品らしいのですが、本作、正直結構怖かったです。ホラーを謳っているコメディー映画「ハッピー・デス・デイ」なんかよりもよっぽどホラー映画をしていました。ただ、恐怖の対象が自分の息子という目に見える存在であり、その息子が明らかに嘘を言ったり理解できなくなっていき、どんどん庇えなくなっていく様は本当に恐ろしいものを感じました。純正ホラーという感じではないですが、ホラー映画好きという方にお勧めしたいと思います。ホラーが苦手という方は、まず肩慣らしに「ハッピー・デス・デイ」を見ましょう。

 

 

 

25. 風をつかまえた少年

続きを読む
あらすじ

当時、人口の2%しか電気を使うことができず、世界でもっとも貧しい国のひとつと言われるアフリカのマラウイで、少年が風車で自家発電に成功した実話。2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で出合った1冊の本をきっかけに、独学で風力発電のできる風車を作り、畑に水を引くことを思いつく。しかし、ウィリアムの暮らす村はいまだに祈りで雨を降らそうとしているところで、ウィリアムの考えに耳を貸す者はいなかった。それでも家族を助けたいというウィリアムの思いが、徐々に周囲を動かし始める。

コメント

天才は環境次第では異端とされ問題児とされる。これは世界共通の感覚なんだと思い知らされる作品でした。特に、この作品の舞台となる2001年のマラウイでは、農業は自然の雨頼みで、その雨すらも雨乞いの儀式によって雨を降らせようとする我々の感覚からすれば前時代的な村で、そこに生を受けて工学の力で農業をしようとする少年の考えは誰にも受け入れてもらえなくて、、、。最終的には少年は周囲から理解を得て、成功を収めるわけですが本当に日本に生まれてよかったと感じることができる作品ですし、もっとまじめに生きようと思わせてくれる作品です。

 

 

 

26. ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

続きを読む
あらすじ

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。

コメント

ハリウッドゴジラの2作目です。しかし、前作を見てなくてもあんまり問題ないと思います。というか、たぶん大半の人は前作見てないのではないかと思いますし、前作の存在を知らない人もいるのではないかと思います。さて、ゴジラだけでなくモスラ、ラドン、キングギドラなどの怪獣たちが怪獣プロレスを繰り広げる本作ですが、怪獣の戦闘シーンは本当に最高です。ぜひ皆さんに見ていただきたいです。ただ、ヒューマンドラマのほうはあまりにひどい出来なので、「これは怪獣映画だから」「人間ドラマはおまけだから」という意識で見るのが精神衛生上大切だと思います。正直、ヒューマンドラマの出来に関しては2019年屈指のクソ映画クオリティだと思います。ただ、それを補って余りある怪獣プロレスの素晴らしさを皆さんに見てもらいたいのでランキングに入れました。

 

 

 

邦画編

1. アルキメデスの大戦

続きを読む
あらすじ

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。

コメント

本作品は戦艦大和の建造を止めるために天才数学者が奮闘するという作品で、戦争の象徴としの戦艦大和ではなく、日本敗戦の象徴として戦艦大和が描かれています。そして、大和は史実通りに建造されてしまうわけで、そういう意味では主人公サイドの敗北が決まった状態で物語を見ることになるわけです(実際に映画の冒頭は大和の轟沈シーンから始まります)。太平洋戦争、戦艦大和を扱った作品は数あれど、大和建造秘話をこのような切り口で描いた作品は今まで出会ったことが無かったため、かなり強烈に覚えている一本となりました。また、バディものとしても非常に面白いので、万人にお勧めできる作品です。

 

 

 

2. 居眠り磐音

続きを読む
あらすじ

3年間の江戸勤番を終えた坂崎磐音は幼なじみの小林琴平、河井慎之輔とともに九州・豊後関前藩に戻った。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、磐音もまた、琴平と舞の妹である奈緒との祝言を控えていた。しかし、妻の舞が不貞を犯したという噂を耳にした慎之輔が舞を斬ってしまい、それに激高した琴平が慎之輔に噂を吹き込んだ人物と慎之助本人をも斬るという事態に発展。磐音は罰せられた琴平を討ち取るよう命じられてしまう。2人の友を1日にして失う悲劇に見舞われた磐音は、許婚の小林奈緒を残したまま関前を後にし、たどり着いた江戸の長屋で浪人に身をやつすこととなる。昼は鰻割きとして働き、夜は両替商・今津屋で用心棒稼業を始めた磐音だったが……。

コメント

私はあまり時代劇というものを見ないのですが、やたら評価が良かったのと松坂桃李主演ということで見に行った作品です(私、松坂桃李ファンなんです)。守りたかったものを失ったり、自身が守らねばと思っていたものを置いてきたりと、かなり複雑な思いを持ちながらも、非常に温厚な浪人磐音。単純な時代劇かと思い切れば、現代のFX取引的なお金の問題が出てきたりかなり面白かったです。ですがやはり、非常に複雑な思いを秘めた優男磐音を見事に演じきった松坂桃李さんに大きな拍手を送りたい作品です。言葉遣いが現代と結構違うので、所々何を言っているのかわかりにくいところもありますが、時代劇にあまり触れたことのない人でも楽しめる一作です。

 

 

 

3. 蜜蜂と遠雷

続きを読む
あらすじ

ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4人のピアニストたち。母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。

コメント

音楽ものの映画ですね。こういった内容を描いた作品としては、「のだめカンタービレ」や「四月は君の嘘」といった作品を思い浮かべますが、この手合いの映画が好きな人は絶対見たほうがいいです。上にあげた2作品や「セッション」などでも描かれていますが、音楽で食っていこうとすることの厳しい世界がしっかりと描かれており、非常に好感が持てます。また、本作品は元は小説で、活字だからこそできる表現、読者の想像力に丸投げする、ある意味では無責任ともいえる表現が多発する原作だったので、映像化はまず不可能と言われていた作品でした。しかし、同じ曲を全く違った風に魅せ、聞かせることに見事に成功しており、制作陣の努力がかなり見て取れる作品です。

 

 

 

4. HiGH&LOW THE WORST

続きを読む
あらすじ

SWORD地区の「漆黒の凶悪高校」鬼邪高校は定時制の番長・村山良樹が鬼邪高の頭を張っていた。鬼邪高の全日制に転入した花岡楓士雄は、いつの日か村山にタイマン勝負を挑むべく、全日制の天下をとる野望を抱いていた。均衡が保たれていた鬼邪高全日制だったが、その均衡は崩れ去り、各派が覇権を競い合う一大戦国時代を迎えていた。一方、SWORD地区の隣町・戸亜留市では、リーダーの上田佐智雄を筆頭に過去最強と名高い新世代の鳳仙学園が勢力を強めていた。そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちから襲撃され、鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生する。一連の襲撃事件を契機に互いに敵対心を抱いた鬼邪高と鳳仙が次第に殺気立っていく。

コメント

もうね、これは入るよね。だってハイロー(HiGH&LOW)だぜ。入れなきゃダメでしょ。もうこのランキング見てハイロー見たことない人たちはみんな見て。義務教育だからね。ハイロー見たことないってありえないから。さて、EXILE TRIBE発のオリジナルシリーズのドラマを含めれば8作目、映画としては7作目となる本作品ですが、個人的にはかなり面白い作品になったと思ています。ツッコミどころも行き過ぎた設定も含めて楽しめる人は絶対にはまるシリーズだと思うので、絶対に見てくれよな!!ちなみに、私はEXILEは「Lovers Again」くらいで止まってしまっているので、EXILEグループに関してはズブズブの素人です。でもハイローは大好きなので、「EXILEはちょっと」という人も食わず嫌いせずに見てみてください

 

 

 

5. コンフィデンスマンJP

続きを読む
あらすじ

天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。

コメント

人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版です。私のドラマ知識は「医龍」くらいで止まってるので、このドラマ知らなかったんですが、本作はドラマを見ずともこの一本で楽しめます。なんなら、ドラマを見てない私がランキングのこの位置に入れてるってすごくないですか?見た後の満足度が滅茶苦茶高い作品なので、ぜひ見てほしいです。万人に勧められる一本だと断言しましょう。

 

 

 

6. 翔んで埼玉

続きを読む
あらすじ

かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。

コメント

1982年に漫画家の魔夜峰央が当時住んでいた埼玉県を自虐的に描いたギャグマンガとして発表した本作。2015年に復刊されると、SNSで話題になり2019年に映画化するということになったわけですが、非常に面白かったです。おかしな衣装と設定なのに、GACKTが演じると違和感がないというGACKTマジック。本当に見事としか言いようがありません。映画本編も面白かったですが、公開当初埼玉県では作中の「埼玉県民にはその辺の草でも食わせておけ!!」というセリフにかけて、来場者特典として「その辺の草高級野菜の種」を配布したり、特産品である深谷ネギが配られたりとかなり尖ったPRも話題となりました。また、撮影に際して埼玉県の撮影スポットを探したのですが、監督の思い描く埼玉県は埼玉にはなかったらしく、ロケの大部分は群馬県と栃木県で行われたそうです。面白すぎる(笑)

 

 

 

7. 見えない目撃者

続きを読む
あらすじ

警察学校の卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ。自身も失明し警察官の道を諦めた彼女は、事故から3年経った現在も弟の死を乗り越えられずにいた。そんなある日、車の接触事故に遭遇したなつめは、車中から助けを求める少女の声が聞こえてくることに気づき、誘拐事件の可能性を訴える。視覚以外の感覚から感じ取った“目撃”情報を警察に提示するなつめだったが、警察は目の見えない彼女を目撃者と認めず捜査を打ち切ってしまう。なつめは少女を救うべく奔走し、事故現場で車に接触したスケボー少年を探し出す。やがて女子高生失踪が関連づけられ、連続誘拐事件の存在が判明。なつめは事件の闇へと切り込んでいくうちに、弟の死とも向き合うことになる。

コメント

2011年の韓国映画「ブラインド」の日本リメイク版。視力を失った元警察官が主人公というかなり変わった作品。吉岡里帆の演じる目が見えない主人公がすごくよかったのと、目の見えない人がどのように世界を感知しているのかを映像表現として見せた画期的な一作だと思います。元が韓国映画ということもあり、日本の映画やドラマのお約束が通じない点がいくつか見受けられた点も新鮮で面白かったです。

 

 

 

8. 七つの会議

続きを読む
あらすじ

中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

コメント

テレビドラマ化もされた作品だそうです。私は全く予備知識なしで見ましたが、非常に面白かったです。コレステロール高めのおじさんたちのうるさい顔がドアップで抜かれ続ける画面はすさまじい “顔力” を感じます。おすすめの一本です。

 

 

 

9. ヒキタさん! ご懐妊ですよ

続きを読む
あらすじ

49歳の作家ヒキタクニオは、年下の妻サチと2人で仲良く暮らしている。子どもは作らず2人だけで生きていこうと考えていたが、サチの言葉をきっかけに妊活を始めることに。しかしなかなか結果は出ず、クリニックで検査してみると、不妊の原因がクニオにあることが判明する。2人はショックを受けながらも現実を受け止め、夫婦で力を合わせて全力で妊活に取り組んでいく。

コメント

男性の不妊治療をリアルに描いた本作。原作は作家のヒキタクニオが自身の体験を綴った同名エッセイです。近年、少子化や晩婚化が騒がれると同時に不妊治療もよく言われるようになりました。しかし、その大半は女性視点で描かれたものでした。しかし、本作は中年男性の視点で描かれる不妊治療の実態で、不妊の原因は旦那の加齢による精子の減少にも関わらず、男性側が受けられる不妊治療はほとんどなく、治療で苦しい思いをするのは主に女性側であるという現実にかなりショックを受けました。また、名わき役として知られる松重豊さんと、妻役の北川景子さんの演技が本当に素晴らしいです。世の男性は皆この一作を見たほうがいいです。

 

 

 

10. 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜

続きを読む
あらすじ

春田創一が上海、香港転勤から1年ぶりに日本へ帰ってきた。黒澤武蔵をはじめとする天空不動産第二営業所のメンバーたちが春田を歓迎する中、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが春田たちの前に現れた。リーダーの狸穴迅は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。狸穴の側に本社に異動した牧凌太の姿を目にして激しく動揺する春田を新入社員のジャスティスこと山田正義が元気づける。そして、あの時に終わったはずだった黒澤の恋心にもふたたび火がついてしまい……。

コメント

2018年に大ヒットを飛ばしたドラマの劇場版です。私自身、ドラマは普段見ないので前知識なしで見に行きましたが、本作だけで十分に楽しめました。かなり強烈にBLを描いた作品ですが、非常に面白かったです。というか、吉田鋼太郎さんがズルいです。本当に吉田鋼太郎さんはズルい

 

 

 

11. 小さな恋のうた

続きを読む
あらすじ

沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、そしてフェンスを隔てた米軍基地に暮らす同世代の少女といった大切な人たちに思いを届けようとする姿を描く。米軍基地のある沖縄の小さな町で、ある高校生バンドが人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観客たちを熱狂される実力をもった彼らは、東京のレーベルにスカウトされ、プロデビューすることが決まる。しかし喜びの矢先、ある悲劇が起こり、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに1曲のデモテープと米軍基地に住む1人の少女が現れ……。

コメント

青臭い青春映画も悪くないものですよ。高校生のバンドという鉄板の設定に序盤は退屈を覚えましたが、とある事故をきっかけに物語が動き出してからは、本当に素晴らしいの一言に尽きる作品でした。青臭い青春映画に、沖縄の米軍基地問題も絡めて、高校生の若々しいパワーを多分に感じることができる一作です。また、実写版「ちはやふる」でつくえ君を演じた森永悠希さんの演技が素晴らしかったです。

 

 

 

12. 任侠学園

続きを読む
あらすじ

義理と人情に厚すぎるヤクザ・阿岐本組。社会奉仕に目のない組長は次から次へと厄介事を引き受けてしまい、ナンバー2の日村はいつも振り回されてばかりだった。そんな彼らが、今度は経営不振の高校の建て直しに協力することに。学校には嫌な思い出しかない日村は子分たちを連れて仕方なく学園へ向かうが、そこで彼らを待ち受けていたのは、無気力・無関心な高校生と事なかれ主義の先生たちだった。それでも義理人情の正義を貫こうとする阿岐本組の情熱に、学園内の空気は徐々に変わっていくが……。

コメント

いいコメディ映画。その一言に尽きる作品です。別にヤクザの在り方を肯定するつもりはないですが、確かに義理人情の時代のヤクザはこういった一面を持ち合わせていたのかもしれないと思わせてくれる一作です。それと同時に、現代の教育現場に対するアンチテーゼとして描かれている部分も少なからずあるように感じたので、情熱を忘れてしまった教育現場の方々にぜひ見ていただきたいと思います。

 

 

 

13. 劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

続きを読む
あらすじ

仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。

コメント

実際にあるブログが元ネタとなった本作。本家のブログをかなりアレンジして、感動的にしていますがゲームを通じて、今まで見えていなかったお父さんの一面に出会うことができるという点においては元ブログをちゃんと踏襲しているように思います。最近は香川県で子供のゲームに関する条例が可決されるなど、ゲーム=悪という構図が作られがちですが、それはあくまでゲームの一側面に過ぎず、その一面しか見ない人たちって本当になんなんですかね?ゲーム制作やゲームプレイを生業としている人もいるわけでね。。。そんな頭の固い人たちに本作をぜひ見てもらいたいですね。あと吉田鋼太郎はやっぱりズルい

 

 

 

14. 記憶にございません!

続きを読む
あらすじ

国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変貌してしまった。国政の混乱を避けるため、啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、啓介は秘書官たちのサポートにより、なんとか日々の公務をこなしていった。結果的にあらゆるしがらみから解放されて、真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。

コメント

日本を代表する喜劇作家三谷幸喜の作品です。政治と金、政治家の汚職という現在の社会構造では、どこの国でも起こりえることをしっかりコメディとして描きながらも、三谷幸喜的には日本の政治はこうあって欲しいという願望が見て取れる一作でした。確かに理想論で現実には不可能な内容かもしれませんが、私情を封じて国民のためを思って政治をするという政治家に若干の夢を見てしまいますね。非常にほっこりする作品でもあるので、今の日本の政治家にイライラしているような人にぜひ見てもらいたいです。とても見やすいので万人向けの作品ですよ。

 

 

 

15. キングダム

続きを読む
あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。

コメント

「漫画の実写映画化は地雷」そう思っている人も多いのではないでしょうか?まぁ、実際そうなることが非常に多いので否定する気はありませんが、最近の日本映画界での漫画原作の実写映画は結構当たり作品が多いんですよ(もちろんハズレも多いですが・・・)。本作「キングダム」はかなり当たりの実写映画ですね。登場人物の格好がコスプレ感薄いからなのか、結構あっさり世界観に浸ることができました。「日本の漫画実写映画は・・・」という人も食わず嫌いせずに見てみてください

 

 

 

16. 映画 賭ケグルイ

続きを読む
あらすじ

「ギャンブルの強さ」で生徒の階級が決まる名門校・私立百花王学園。2年華組に転校してきたギャンブル狂の少女・蛇喰夢子は、学園の絶対的支配者である生徒会長・桃喰綺羅莉との対決を心待ちにしていた。そんな中、学園内で「非ギャンブル」「生徒会への不服従」を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭。ヴィレッジ解体と夢子潰しをもくろむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。

コメント

こちらも、コミック原作の実写映画ですが、こちらはテレビドラマもやっていたんですね。私はテレビドラマを全く見ていない状態で見ました。私はアニメ「賭ケグルイ」を見ていたのですが、この映画においても顔のうるささ(いわゆる顔芸)は健在でかなり再現度が高かったように思います。また、オリジナルストーリーと聞いて戦々恐々としていましたが、見てみると非常に面白かったです。それもそのはず、原案・監修を原作者の河本ほむら先生が務めてらっしゃったわけですね。そりゃ面白れぇわ。

 

 

 

17. 今日も嫌がらせ弁当

続きを読む
あらすじ

自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしているシングルマザーの持丸かおり。幼いころは「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた双葉も、最近ではすっかり反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。そんな娘への逆襲にと、かおりは双葉の嫌がる「キャラ弁」を作り続けているのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。

コメント

「光のお父さん」に続き、原作がブログの本作。こちらは思春期の娘を持つ母親視点で物語が進行していきます。こちらでは、娘とのコミュニケーションツールとして毎日のお弁当が用いられています。笑える場面も多数あるほか、非常に心温まるお話なので、気持ちがすさんでいる方にお勧めです。

 

 

 

18. 屍人荘の殺人

続きを読む
あらすじ

ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲は、先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介に振り回され、ホームズとワトソン気取りで学内の瑣末な事件に首を突っ込んでいた。同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子は、2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかける。実は比留子のもとには「今年の夏合宿で何かが起こる」との犯行予告が届いていたのだ。夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、3人は研究会のメンバーと合流する。そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され……。

コメント

ミステリーかと思ったら・・・というCM詐欺を食らわせてきた本作。見ていて結構突拍子のない展開に「!?」となった方も多いのではないでしょうか?そんな一方で、ミステリーとしても、そこそこいい出来で、私の場合は犯人と動機はあっさり気づけたりしたのですが、殺人トリックに気づくことができず、少し悔しい思いをしました。賛否のわかれる本作ですが、トリックに「あぁ、なるほど~」と思ってしまった点と、複線回収が非常に綺麗な作品だったのでランクインです。あと、浜辺美波ちゃんがかわいい

 

 

 

アニメ編

1. 冴えない彼女の育てかた Fine

続きを読む
あらすじ

高校生の安芸倫也は、桜の舞う坂道で加藤恵と運命的な出会いを果たす。彼女をメインヒロインにした同人ゲームを制作することにした倫也は、美術部に所属しながら同人イラストレーターとして活動する澤村・スペンサー・英梨々と、ライトノベル作家として活躍する優等生の霞ヶ丘詩羽を誘って「blessing softeware」を結成し、苦労の末に1作目を発表する。その後、英梨々と詩羽は大作ゲーム「フィールズ・クロニクル」を開発するため、人気クリエイター紅坂朱音のもとへ。blessing softeware代表の倫也は副代表の恵とサークル活動を継続し、イラストレーターに後輩の波島出海を起用、出海の兄・伊織にプロデュースを依頼し、永堂美智留と彼女のバンドicy tailと共に新作の開発に乗り出す。

コメント

アニメ「冴えない彼女の育てかた」「冴えない彼女の育てかた♭」に続く最終章。私自身冴えカノはアニメこそ見ていましたが、そんなに思い入れのある作品ではなかったのですが、この映画で一気に思い入れのある作品になってしまいました重度の型月厨である私がランキング1位に「Heaven’s Feel Ⅱ」を入れなかったということから本作のすごさを感じ取ってもらいたいものです。さて、本作はアニメ1期、2期に続く最終章として作られたものです。本作を見る前にアニメは見ておいてください。また、ランキング1位にしていますが、結構ツッコミどころの多い作品なのは間違いないです。ただ、それら減点ポイント含めても、ここに入れなければいけない作品だと感じたので、アニメ部門の1位としました。

 

 

 

2. Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly

続きを読む
あらすじ

10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪みが生じていく。一方、魔術師(マスター)として参戦していた衛宮士郎は傷つき、英霊(サーヴァント)のセイバーを失ってしまう。それでも士郎は、桜を守るため戦い続ける。そんな士郎の身を案じる桜だったが、彼女自身もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく。

コメント

本当はこの作品を1位にしたかった。重度の型月厨である私は、この作品を1位にしなければいけなかった気がしますが、2位です。こればっかりは「冴えない彼女の育てかた Fine」が良すぎた。さて、原作ゲーム「Fate/stay night」ではセイバールート(Fate)、凛ルート(Unlimited Blade Works)に続く最終ルート、映画では3部作からなる桜ルート(Heaven’s Feel)の第2章となる本作。私の思い入れの強さが他の作品の比ではないくらいに強い一本です。もうFateの生みの親である奈須きのこ、武内崇、そして、きのこを説得して原作準拠の映画化にこぎつけた須藤監督に本当にただただ感謝の意を伝えたい。もうね、ランキングに入れてるけど、この作品は見なくていい。俺だけが見とけばそれでいい。

 

 

 

3. スパイダーマン: スパイダーバース

続きを読む
あらすじ

ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス。実は彼はスパイダーマンでもあるのだが、まだその力をうまくコントロールできずにいた。そんな中、何者かによって時空が歪めらる事態が発生。それにより、全く異なる次元で活躍するさまざまなスパイダーマンたちがマイルスの世界に集まる。そこで長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーと出会ったマイルスは、ピーターの指導の下で一人前のスパイダーマンになるための特訓を開始する。

コメント

こちらはMCUではなくソニー版権のスパイダーマンです。我々の知っているスパイダーマンではなく、違う世界線(平行世界)のスパイダーマンのお話で、時空の歪みから様々な世界線のスパイダーマンたちが一堂に会するという作品となっています。異なる世界線からやってくるとても特徴的なスパイダーマンたちは、世界観に合わせてデザインから描かれ方まで何もかも違うほか、どの場面で切り抜いても “絵” になるようにと意識して作られていることからもわかるように、作りこみが半端ない作品です。映像としての情報が非常に多い作品なので日本語吹き替えで見るのをおすすめします。

 

 

 

4. 天気の子

続きを読む
あらすじ

離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。

コメント

「君の名は。」の新海誠監督の新作です。君の名は。が歴史的なヒットを飛ばしたので、本作も劇場で見た方が多いのではないでしょうか?「君の名は。」は万人受けを狙った作品だったのに対して、本作は本来の新海誠が作りたい、一昔前の新海作品に回帰したような作品になっていましたね(私は「君の名は。」のほうが好きでした)。正直、もう次回作が楽しみですよね。新海誠は実写以上にありふれた東京の街並みを美しく描くその目と映像表現だけで国宝級の価値があると思います。その目は宮崎駿や高畑功をはじめとする天才アニメーターたちが持ちえなかったものなので、これからもその特異な目(才能)を十分に生かして作品を作り上げてほしいですね。

 

 

 

5. HELLO WORLD

続きを読む
あらすじ

2027年、京都。内気な男子高校生・直実の前に、10年後の自分だという人物・ナオミが現れる。ナオミによると、直実はクラスメイトの瑠璃と結ばれるが、その後彼女は事故で命を落としてしまうのだという。直実は瑠璃を救うため、大人になった自分自身とバディを組んで未来を変えようと奔走する。しかしその中で、瑠璃に迫る運命やナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された秘密を知り……。

コメント

近未来SF青春ラブストーリーという難解な分類を受けている本作ですが、個人的にはかなり好きな一作でした。物語が二重にも三重にもなっていて、非常に面白かったです。また、作中で出てくる敵?のようなキャラクターのポップでありながら不気味なデザインやパステルカラーをここまで不快な使い方をできるのかと、デザイン面でかなり目を見張るものがありました

 

 

 

6. 劇場版 幼女戦記

続きを読む
あらすじ

統一暦1926年。金髪碧眼の少女ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる帝国軍第203航空魔導大隊は、南方大陸での共和国軍残党との戦いに勝利する。凱旋休暇を期待していた彼らだったが、連邦国境付近における大規模動員の兆候が確認され、参謀本部から新たな特命が下る。その頃、連合王国主導の多国籍義勇軍が連邦内部に足を踏み入れる。その中には、父を殺した帝国に対する正義を求めて銃を取った少女メアリー・スー准尉の姿もあった。

コメント

アニメ「幼女戦記」の続編映画です。視聴に際しては、アニメ版は必修科目です。アニメが大成功した作品の劇場版なだけあって、作画やアニメーションにかなり力の入った作品となっていました。コミックもアニメとは少し違った雰囲気を楽しむことができるのでお勧めです。

 

 

 

7. コードギアス 復活のルルーシュ

続きを読む
あらすじ

再編成された超合集国を中心に世界がまとまり、平和な日々が訪れていた光和2年。難民キャンプの慰問に訪れていたナナリーと、仮面の男「ゼロ」として彼女に同行していたスザクが、何者かに連れ去れらる事件が発生。事件を解明するため、シュナイゼルの密命を受けて「戦士の国」と呼ばれるジルクスタン王国に潜入していたカレン、ロイド、咲世子が、謎のギアス使いに襲われる。そして、その場には何かを求めて世界をめぐっていたC.C.の姿があった。

コメント

2006年から2008年にかけて放送された大人気アニメの完全新作劇場版ですね。アニメ2期でルルーシュの物語は幕を閉じたと思っていたので、個人的には気になりながらも、不安を覚える作品でした。思い入れが強い作品だけに思うところは多かったですが、それでも「コードギアス」という作品をまた描いてくれて、新作を見れて本当に良かったです。今からコードギアスを見るという方は、テレビ放映版よりもテレビ版を再編集した劇場版3部作を見たほうがコンパクトにまとめられているので、おすすめです。

 

 

 

8. トイ・ストーリー4

続きを読む
あらすじ

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。

コメント

抜群の知名度を誇る作品なので、劇場で見た方も多いのではないでしょうか?日本ではかなり炎上した本作。ラストシーンの好みはかなり分かれるところではないでしょうか?個人的にも「トイ・ストーリー3」までが非常に完成度が高く、大好きな作品なので、本作に対する否定的な意見も理解できます。それでも、作品の一貫性を否定するような結末だとしても、そこにおもちゃでウッディの “人間らしさ” が垣間見えて、また目頭が熱くなりました。正直、過去作に思い入れの強い人ほど本作に対する当たりは強くなると思いますが、それでもやっぱり名作だと思います。

 

 

 

9. この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

続きを読む
あらすじ

交通事故によりあっけなく人生を終えたはずの引きこもり高校生・佐藤和馬(カズマ)は、ひょんなことから女神アクアを道連れに異世界に転生。何かとトラブルを引き起こすダメ女神のアクアと、中二病をこじらせた魔法使いのめぐみん、妄想が止まらない女騎士ダグラスの3人とパーティを組み、波乱万丈の冒険を繰り広げていた。そんなある日、彼らの前に紅魔女の少女ゆんゆんが現れ、彼女の故郷である「紅魔の里」の危機を訴える。生まれ故郷を救うため旅立ったゆんゆんを追い、カズマたちも紅魔の里へ向かうが……。

コメント

ライトノベル原作の大人気アニメーションの劇場版です。「このすば」という作品に触れたことのない人はこれを機に、アニメから本作まで一気見してください。本当に面白いですから。劇場版でも相変わらず「このすば」をやっていて安心しました。地上波でも劇場版でも作画が崩れても許される稀有な作品なのではないでしょうか?

 

 

 

10. ルパン三世 THE FIRST

続きを読む
あらすじ

20世紀最高の考古学者ブレッソンが遺した最大の謎・ブレッソンダイアリー。その謎を解き明かした者は莫大な富を手に入れることができるとされ、第2次世界大戦時にはナチスもその行方を追い求めたという。ルパンの祖父であるルパン一世でさえ盗み出すことに失敗した、史上最高難度の秘宝を手に入れるべく奔走するルパンたちだったが……。

コメント

劇場版の「ドラゴンクエスト」でみんなのパブリックエネミーとなり、大炎上した山崎貴監督のフル3Dアニメーション作品です。3Dは受け付けないという方もまだ世間には多いのかもしれませんが、個人的にはちゃんとルパン3世のお約束を守りながら、ルパンをやっている作品なのでそれだけでかなり高評価でした。

 

 

 

11. 劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉

続きを読む
あらすじ

新宿に事務所を構えるシティーハンターの冴羽リョウと相棒・槇村香のもとに、何者かに襲われたというモデルの進藤亜衣がボディガードを依頼にやって来る。美女の依頼を快諾するリョウだったが、撮影スタジオで更衣室を覗いたりとやりたい放題。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT会社の社長・御国真司は香の幼なじみで、撮影現場で久々に再会した彼女をデートに誘う。一方、海坊主と美樹は新宿に傭兵が集結するという情報を入手するが、その傭兵たちはなぜか亜衣を狙っており……。

コメント

フランス実写版ではなく、こちらは日本のアニメーションの新作。20年以上前の作品なのに、新作でしっかりシティーハンターをやっていてかなり安心感のある作品でした。声優陣もアニメオリジナルキャストがそのまま登板しているほか、本作ヒロインを演じる飯豊まりえさんの演技がどんどんうまくなっていくのを感じられて映画を見ながらそこに感心してしまいました。アニメ「シティーハンター」が好きな人は見て損のない作品だと思います。

 

 

 

まとめ

さて、私が見た2019年公開映画をランキング形式で紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

映像技術的にも新しい作品が多いので映画初心者の方も見やすいのではないかと思います。

また、他の映画ランキングなんかでは入らないような公開規模の小さいマイナー映画も入れていますので、映画好きな方々にも楽しんでもらえるのではないかと思います。

この記事から映画に興味を持つ人が増えてくれればいいなぁと思う今日この頃でした。

また、最近では店舗でDVDを借りたりせずに、インターネットからストリーミング配信をしているサービスもたくさんあり、自宅で映画を楽しめる環境が整ってきているます。

そういったサービスについても下記リンクにまとめているので、そちらの記事もどうぞ。

リンク

 

ではでは~ノシ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ