リゾートバイト

【社会人の小遣い稼ぎ】社会人もリゾートバイトに行ってみよう!【副業】

こんにちは、おにぎりパンです。

 

本日は「社会人のリゾートバイト」をテーマに記事を書きます。

社会人になると学生の時のような長期休暇も少なくなり、時間の融通も利かなくなります。

そんな社会人にもゴールデンウィークやお盆などで連休を取る方も多いのではないでしょうか?

その大型連休を利用してお小遣い稼ぎをしませんか?

実際にGWには私の働いていたホテルにも50人近くの社会人がGW期間中のみ働きに来ていました。

本記事では私自身の経験をもとに以下の内容について書いていきます。

社会人にリゾートバイトをおすすめする理由

社会人のリゾートバイトの始め方

会社を辞めてリゾートバイトで生活するのはあり?なし?

それでは行ってみよう!!

 

 

社会人にリゾートバイトをおすすめする3つの理由

・格安で旅行ができる

・お金を貯めることができる

・新しい出会いがある

長期休暇を利用して旅行をすると必然的に交通費や宿泊費、食費、観光費とかなりのお金がかかります。しかし、リゾートバイトで目的の観光地に行けば、交通費、宿泊費、食費は無料で観光費のみの出費で済みます。そのため、普通に観光旅行を組むよりも圧倒的に安くなりますし、なんなら働いているので逆にお金が増えます

中には単純に小遣い稼ぎに来る人もいます。リゾートバイトは短期間のバイトだけでいいので「休みの間もお金を貯めたい!」という社会人と非常に相性がいいです。また、履歴書や面接などが無かったり、非常に簡略化されているのでその点も社会人が働きやすい理由にもなります。

また、GWやお盆のリゾートバイトに行ってみるとわかるのですが、会社が休みの時にだけ来ている社会人は思いのほか多いです。私がGW中に働いていたホテルにはGW期間中のバイトが50人近く来て、そのうち学生は3人だけでした。

 

メリットばかりを書き連ねるのはフェアではないので、リゾートバイトのデメリットも紹介します。

・繁忙期の職場は滅茶苦茶ハード

・自由にできる時間が限られる

まず初めに、繁忙期に短期バイトを雇うようなところは大体が滅茶苦茶ハードな職場です。日ごろから身体を動かしている人ならまだしも、ディスクワークの人にはつらいかもしれません。

また働きに行っている以上、自由に使える時間は限られます

以上のことが重なると最悪、リゾートバイト中の休日を寝て過ごしてしまうという人も中にはいます。純粋に貯金のために来ている人ならいいのですが、観光を楽しみにしている人は注意してください。

 

社会人のリゾートバイトの始め方

①働いている会社が副業を許可しているか調べる
社会人がリゾートバイトをするためには、まず自分の働いている会社がダブルワーク(副業)を許可している会社かどうかを確かめてください。副業を許可していない会社だった場合は、素直に諦めましょう。

副業禁止の会社で副業をしたらバレるのか

間違いなくバレます。理由は住民税です。住民税は給料に応じて発生するので、リゾバ分所得が増えた場合、住民税もその分上がります。そうなると普通の会社であれば会計で十中八九バレます。個人で副業をする分には会社にごまかす方法もありますが、社会的にちゃんとした会社(派遣会社や就業先)を通す以上、副業を会社に隠すのは不可能だと思ってください。

②リゾートバイト求人サイトに登録!
ex)リゾートバイト.com, リゾバ.com など

各求人サイトの特徴は↓の記事にまとめてあります。

③求人を探す!
自分の行きたい場所や職種、時給などいろんな条件で探すことができます。とはいえ、大体のサイトでゴールデンウィーク中の短期バイトの特集などが組まれるので、それを見るのが手っ取り早いと思います。

③気になる求人を見つけたら電話で担当者に話を聞く!
求人サイトに記載されている連絡先に電話すれば大丈夫です。電話で気になる求人を見つけた旨を伝えましょう。エリアごとに担当者がいるので、折り返し担当者から連絡が来ます。そこで、具体的な内容(施設名、立地、食事条件など)を聞くことができます。また、この時に仕事をする期間をしっかりとすり合わせておきましょう。

④求人に応募!
担当者から話を聞いたうえで求人に応募するかを決定します(その場で決めず改めて連絡でもOK)。応募する旨を伝えてはじめて、施設側に話が通ります。

⑤採用 or 不採用 通知!
数日後に採用 or 不採用の連絡が来ます(ほぼ採用になると思います)。採用だった場合は、メールでも確認内容を送ってもらえますが、就業場所、就業時期、着任日、集合場所などを確認しましょう。不採用だった場合は再び求人を探しましょう(派遣会社によっては似たような求人を紹介してくれます)。

⑥現地に集合!
指定された時間に、指定された場所に行きましょう(大体就業日前日に現地集合です)。担当者から仕事内容の説明と仕事場の簡単なルール説明を受けたら、寮に案内されます。その日はそれで解散となる場合が多いです。

⑦仕事開始!
あとは仕事をするだけです。少しずつ仕事を覚えていきましょう。

 

会社を辞めてでもリゾートバイトをするのはちょっと待って!

どうしてもリゾートバイトをしてみたいけど、会社が副業を禁止している・・・
リゾートバイトに行ってみたら、今の会社よりも楽しかったし、会社を辞めてリゾートバイトで生活しようかな・・・

実はこのように考える人が意外と多いのですが、今一度考えなおしてみてください。

働き方の多様化が進んできた昨今、リゾートバイトのような非正規社員として働く方も増えていますし、実際にリゾートバイトに行ってみると、リゾートバイトで生活している社会人も大勢いることがわかります。

もちろんリゾートバイトで生活するメリットもありますが、現代日本においてそれを上回るデメリットもあることをしっかり理解してください。

ということで、本項目では社会人がリゾートバイトで生活するメリットとデメリットについて考えてみます。

メリット

・自分の好きなところで働ける

・若いうちは普通に社会人として働くよりも貯金しやすい

・社会人よりも仕事の責任が軽いので、精神的に楽

一つずつ解説していきます。

まず、働く地域を自分で決められるので自分の住みたいところや、観光してみたいところで働くことができます。社会人の多くは会社のあるところに住居を構える必要があり、会社の都合で転勤させられたりすることもあるので、この辺の自由度は住み込みバイトならではのメリットだと思います。また、スノーボードがしたいからゲレンデで働いたり、サーフィンがしたいから海の近いホテルで働くなど、自分の趣味を第一に考えて仕事をする人もいます。

次にお金の話ですが、給料は一般的な会社員よりも少ないですが、家賃や食費、水道、光熱費などが一切かからないので、普通の会社員よりも貯金がバリバリ貯まります。しかし、リゾートバイトの非正規社員でいる限り給料が上がることは基本的にはないので、会社員に比べて貯金しやすいのは若いうちだけだと思ったほうがいいです。

最後に、仕事が楽だからというのも大きなメリットです。リゾートバイトは所詮バイトなので、大きな責任を伴う仕事を振られることはまずありません。ですから、繁忙期でもなければ仕事は楽ですし、責任もないので精神的にも楽なのは間違いありません。違うところに行きたいと思えば今の職場をやめて次の派遣先を探すなんてことも全然ゆるされてしまう、それがリゾートバイトなのです!

 

デメリット

・歳をとると正社員になるのが困難になる

・年収が一生上がらない

・専門知識やスキルアップは望めない

こちらも一つずつ解説していきます。

まず、これが一番のデメリットだと思うのですが、現代日本で一度社会のレールから外れると戻るのが非常に難しいです。20代ならまだ可能性はありますが、30代になると普通の会社に戻るための転職活動をしても面接にすらたどり着けなくなります。とはいえ、リゾートバイトから正社員登用されることも往々にしてあるので、職場さえ選ばなければ社会復帰も可能ではあります。

次に、お金の話です。メリットの方でも書きましたが、貯金は比較的しやすい環境ではありますが、昇給はまず望めないので裕福な暮らしをすることは不可能です。また、年収が250万円~300万円程度で固定されてしまうので、現代日本だと結婚なども難しくなってきます

最後に、リゾートバイトでする仕事はほとんどが専門知識やスキルが身につくものではないので、長くやっていけばいくほど社会復帰が難しくなります。

 

まとめ

社会人のリゾートバイトについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

本記事をまとめると以下のようになります。

まとめ

社会人の長期休暇をリゾートバイトで過ごすのはおすすめ!

でも、はまりすぎに注意!

仕事を辞めてまでリゾートバイトをしようとするのは一度考え直した方がいい(考えた末に仕事を辞めるのは全然いい)

皆さんも一度リゾートバイトに行ってみてください!

ではでは~ノシ

 

 

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ