旅行

【栃木県】日光山輪王寺の見どころ・アクセス・駐車場情報【世界遺産】

こんにちは、働くニートおにぎりパンです。

 

6月に北関東を少し回った際に栃木県の世界遺産「日光山輪王寺」に行ってきました。

本記事では栃木県にあります、「日光山輪王寺」について紹介します。

本記事は以下の人を対象に書いてます。

栃木県の観光地を知りたい

日光の観光地を知りたい

日光へのアクセス・駐車場情報が知りたい

日光の所要時間や回り方を知りたい

 

それでは行ってみよう!!

 

日光山輪王寺とは?

「日光山輪王寺」は栃木県日光市にある寺院です。

日光といえば、日光東照宮が特に有名ですが、この「輪王寺」・「東照宮」・「二荒山神社」の3つの施設を合わせて「二社一寺」と称されており、近世まではこれらの総称として日光山と呼ばれていました

また、これら3つの施設(二社一寺)がまとめて「日光の社寺」として、世界遺産に登録されています。

 

どこにあるの?

日光山輪王寺は栃木県日光市にあります。

東照宮・二荒山神社と歩いて回れる距離にあるので、まとめて回ってしまうのがおすすめです。

住所:栃木県日光市山内2300 輪王寺

 

アクセス・駐車場

アクセス

公共交通

東京駅から
東北新幹線で「JR宇都宮駅」→JR日光線で「JR日光駅」へ→世界遺産巡りバスに乗車→「勝道上人像前」下車

新宿・浅草から
JR東部 直通特急列車で「JR東武日光駅」→世界遺産巡りバスに乗車→「勝道上人像前」下車

東北自動車道「宇都宮IC」から約20分

駐車場

日光の駐車場はすごくたくさんあるので、別記事にまとめました。

駐車場情報はこちらの記事をご参照ください。

 

拝観料

輪王寺には3種類の個別拝観券1種類の合同拝観券が販売されています(東照宮の拝観券は東照宮で買ってください)。

個別拝観券
・輪王寺本堂(三仏堂):大人400円 / 小・中学生200円
・輪王寺大猷院(徳川家光廟):大人550円 / 小・中学生250円
・輪王寺宝物殿(逍遥園含む):大人300円 / 小・中学生100円

合同参拝券
・輪王寺本堂(三仏堂)+輪王寺大猷院(徳川家光廟):大人900円 / 小・中学生400円

輪王寺本堂(三仏堂)は輪王寺のメインなので、絶対に買いです。

これを見に来てるので。

 

輪王寺大猷院(徳川家光廟)は徳川3代将軍徳川家光公のお墓です。

こちらも含めて世界遺産に登録されているので、時間があれば見たいところ。

 

輪王寺宝物殿と逍遥園は、いわゆる美術館とお庭といったところでしょうか。

時間に余裕があればこちらも回ってみてください。

個人的には優先度は一番低いです。

 

全部回ろうと思うと合同参拝券(900円)+宝物殿(300円)で合計1200円かかるほか3時間ほどかかってしまうと思います。

東照宮と二荒山神社も回ることを考えると、さらに出費(1500円+α)と2時間程度の時間がかかるので(日光の参拝料金はかなり高い・・・)、自分の財布と時間に相談して購入する券を決めてください。

ちなみに、私のおすすめは合同参拝券です。

合同参拝券を買うと、個別券を買うよりも50円お得になります。

 

見どころ

日光山総本堂三仏堂(世界遺産)

輪王寺の見どころはやはり、本堂こと三仏堂でしょう。

この日光山総本堂三仏堂は東日本では最も大きい木造の建物で、創設は平安時代まで遡ります。

全国でも数少ない天台密教形式のお堂で、現在の建物は1645年に徳川家三代将軍徳川家光公によって建て替えられたものがそのまま現存しています。

ここは、受付で「輪王寺本堂」の個別拝観券(400円)もしくは大猷院との合同参拝券(900円)を購入しないと入ることができません

参拝者にはお坊さんが建物や祀られている仏様や祖師像について解説してくれるので、前知識は必要ありません。

ただ、輪王寺に限った話ではありませんが、日光の寺社仏閣の坊さんはお守りなどの購入をかなり強くすすめてくるので(しかも結構高額)、注意してください

三仏堂は東照宮・二荒山神社と共に、日光の二社一寺が世界遺産登録されるにあたり、非常に重要視された建築物なので日光に来たなら必見の建物です。

堂内は撮影厳禁だったので、写真はありませんが400円の価値は間違いなくあります。

大猷院

大猷院(たいゆういん)は本堂から少し離れた二荒山神社の近くにある建物です。

輪王寺三仏堂からは歩いて10分ほどの距離にありますが、こちらも輪王寺となります。

大猷院は徳川家三代将軍徳川家光公の廟所(墓所)で、家光公が祀られている場所になります。

境内には世界遺産に登録された22件の国宝、重要文化財が立っており、「日光の社寺」という世界遺産の中には、この大猷院も含まれています

徳川家初代将軍にして江戸幕府を開いた徳川家康公凌いではならない、という遺言により、家康を祀り大変煌びやかな東照宮とは対照的に、金と黒を基調とした重厚で落ち着いた作りになっています(それでも十分派手ではありますが・・・)。

こちらの参拝も三仏堂同様有料になります。

個別参拝券で500円、合同参拝券で900円となりますが、こちらも世界遺産なので、せっかく日光に来たならぜひ寄ってみてほしいところです。

▲苔むした灯篭が並んでいるのが印象的です。

 

▲激混みだった東照宮とは対照的にこちらはかなり空いていました。結構穴場かもしれないです。

 

▲シックな造りとはいってもあくまでも東照宮と比較してです。実際はかなりゴージャスであることに変わりはありません。

 

逍遥園

▲日光山輪王寺HPより

 

逍遥園(しょうようえん)は輪王寺の中にある日本庭園です。

奥日光やいろは坂と共に日光を代表する紅葉の名所として有名なスポットです。

こちらを見学するためには「宝物殿」の個別参拝券(300円)を購入する必要があります

時間に余裕があれば利用してみてください。

宝物殿

▲日光山輪王寺HPより

 

輪王寺の中にある美術館ととらえて問題ないと思います。

輪王寺をはじめとした日光山の歴史にまつわる歴史的・美術的価値の高い資料を保存・研究し、展示する場となっています。

こちらの利用も「宝物殿」の個別参拝券(300円)を別途購入する必要があるので、時間に余裕のある方、こういったものが好きな方はぜひ利用してみてください。

 

所要時間

どこまで見るかや混み具合にもによりますが、日光山全体の観光で3時間~5時間程度を見ておけばいいと思います。

輪王寺に関してのみ記述していくと、三仏堂で大体20分、逍遥園と宝物殿で30分~40分、大猷院で1時間程度を見ておけばいいと思います。

 

基本情報

住所:栃木県日光市山内2300

利用料金:300円~1200円

休業日:基本年中無休ですが、一部施設を利用できない日や時間があるので、ホームページから確認ください。

拝観時間
4月~10月:8:00~17:00(最終拝観16:30)
11月~3月:8:00~16:00(最終拝観15:30)

アクセス:アクセス項参照

駐車場:複数の有料駐車場有(詳細は駐車場項を参照)

所要時間
輪王寺だけで30分~2時間
日光山全体で3時間~5時間

 

まとめ

栃木県日光市にある「日光山輪王寺」についてまとめてみました。

いかがでだったでしょうか?

かなり有名な観光名所なので、死ぬまでに一度は行っておきたいところです。

最近では中国人がものすごく増えているので、平日の早い時間がおすすめですよ。

 

ではでは~ノシ

ABOUT ME
おにぎりパン
名前:おにぎりパン 年齢:アラサー 生息地:石川県産,広島在住 職業:大学院生 趣味:旅行,映画,ラジオ